記事の詳細

イーサリアム2.0テストネット稼働延期か

イーサリアム2.0(セレニティ)のテストネット稼働が延期される見込みであることが分かった。

コーディネーターであるDanny Ryan氏によると、待望のイーサリアム2.0のパブリックテストネットは少なくとも2週間以内には期待できそうにないとのことだ。

同氏は、「開発者アップデートでは新しいバージョン0.9は出ているものの、0.9.1にまでには幾つかの変更が必要」と説明。

テストネットは延期となるが、今後の大まかなETHスケジュールは以下のようになる。

  • 12月4日:大型アップグレード「イスタンブール」のメインネット実装
  • 来年Q1(1〜3月):メインネットローンチ(フェーズ0)
  • 2020年後半〜2021年春:フェーズ1から2へのアップデート

イーサリアム2.0について

PoS移行で生まれ変わるイーサリアム ヴィタリック氏が語る可能性とは=Devcon5
イーサリアム共同設立者Buterin氏がDevcon5に登壇。仮想通貨BTCなどの問題点も指摘、解決策としてのPoSの可能性を語った。

イーサリアム2.0はスケーラビリティの改善を目指す大型プロトコルアップグレードだ。ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムは、PoWからPoSへと移行することで、同時に安全性の向上も図る。

イーサリアムトランザクションの承認を担うのは、マイナーではなく一定量のETHを預け入れる(ステークする)バリデータだ。イーサリアム2.0の場合、ETHのステーキング自体が、当バリデータによる不正行為の防止に繋がると考えられるが、同時に他のバリデータの不正行為を報告するチャレンジャーという存在を設け、当該バリデータがステークする資産をチャレンジャー報酬として没収するといった、二重のインセンティブ設計がされているという。

関連「イーサリアム 2.0」ステーキングでの承認者報酬 最大年利10%と試算

参考:ETH開発者会議

CoinPostの注目記事

イーサリアム(ETH)のイスタンブール 12月4日に決定
イーサリアム財団によると、長引いた大型アップグレード「イスタンブール」のメインネット実装日は、12月4日と決定された。実装ブロック番号は、9069000と設定。
イーサリアム2.0開発者「テストネット、準備完了」|本番は来年1月〜3月予定
イーサリアム2.0の開発者が、マルチクライアントのテストネットを今週ローンチする。テストに最低3ヶ月要するため、メインネットローンチは早くても2020年の第1四半期中(1〜3月)になる見込みだ。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る