記事の詳細

東欧ジョージア、マイナーが国全体の10%分の電力を消費

東欧のジョージアで、仮想通貨のマイナーが消費する電力が国全体の電力供給の10%を占め、国は電力の不足に直面する事態となっている模様だ。英BBCが報じた。

特に問題となっているのがジョージア北西部のスヴァネティ地方だ。この地域では住環境の厳しさから電気料金が無料になっているという。この地域が採掘業者の流入に拍車をかけているとみられる。

スヴァネティ地方の政府責任者Kakha Zhorzholiani氏はBBCのPodcastで以下のように語っている。

人々は一週間のうちの殆どを電気なしで暮らしているが、それは抗議を引き起したビットコインの採掘のせいだ。私たちは村のひとつの採掘業者と話し合い、彼らは稼働を停止することに合意した。しかし、このようなことは明日もその次の日も繰り返されているだろう。

また、ジョージアは仮想通貨と法定通貨間の取引において付加価値税を免除しているなど、仮想通貨に対して寛容な姿勢を示していることも、ジョージアで仮想通貨産業が盛んである理由の一つとみられる。

参考:BBC

CoinPostの注目記事

仮想通貨マイニング企業の収益好調 大手Canaan、前年同期比で40%収益増 米IPO申請資料で判明
Canaan Creativeは、米国でのIPO(新規公開上場)申請にあたり、Q3における純利益の書類をSECに提出した。
急落したBTCハッシュレート回復せず ビットコイン市場への影響は?
ビットコイン(BTC)のマイニングハッシュレートに再び下落していることが確認された。データから見える可能性と、市場に影響する場合の注目ポイントを解説した。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る