記事の詳細

OTC取引にチャットボット導入

ロンドンを拠点にする金融スタートアップAiX社が開発したチャットボットが、12月から仮想通貨市場で利用されることが分かった。

チャットボットとはプログラムで自動会話を行うツール。この機能を仮想通貨のOTC取引に導入するという。これによってトレーダーは人間が仲介することなく取引を円滑に行うことができる。先行して仮想通貨市場に導入された後、2020年第1四半期には、株や為替など伝統金融商品の取引にも活用する予定だ。

AiX社の人工知能を活用したチャットボットは、取引前後の処理や交渉のサポート、また取引内容のクリアリングハウス(清算機関)への送信といった業務を自動的に行うことができる

ユーザーは「Telegram」か「Symphony」のメッセージングツールを通してチャットボットを利用し、AiXで本人確認を行った後に取引を開始することが可能だ。

AiX社CEOのJos Evans氏は、チャットボットについて「複数の当事者間の交渉も行える上、取引の全システムの自動化もできる」と説明。機関投資家が匿名で取引することもできると語った。欧州規制機関のルールにも準拠しているという。

現時点で、仮想通貨企業50社が現在システムの導入作業を行っており、50社が導入開始を待っている状況にある。12月のローンチまで具体的な社名は明かさないと話したが、大手企業が含まれているという。

参考資料 : CoinDesk

CoinPostの関連記事

米中ヘッドラインで日経平均乱高下、ビットコインは軟調続く|仮想通貨市況
米中関係の悪化に伴い、日経平均株価が急落。8000〜8200ドル付近の狭いレンジ内で推移するビットコイン(BTC)は引き続き厳しい状況下にある。
最大手取引所バイナンス、中国人民元建てOTC取引サービス開始
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、中国人民元(CNY)建てのOTC取引開始した。現時点での取り扱いのある通貨は、BTC・ETH・USDTの3銘柄で、中華マネーを呼び込むのではないかと期待される。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る