記事の詳細

豪州に仮想通貨取引所を設立か

世界最大手仮想通貨取引所バイナンスが、豪州に取引所を開設する計画があることが分かった。現地仮想通貨メディアMickeyが独占で報じた。

本内容はバイナンスCEOのCZ氏がMickeyにだけ語ったという。豪州では現在バイナンスの子会社「Binane Lite Australia」が事業を行っており、今年3月にビットコイン(BTC)の購入を仲介するサービスを開始したことを発表している

関連バイナンス、ビットコイン仲介サービスを豪で展開

しかし「Binane Lite Australia」のサービスは限定されており、CZ氏も「通常の取引所とは違う」と説明。事業の他の選択肢として「Binance Australia」を開設する計画があることを明かした。

開設時期については、来年の早い段階を望んでいるとCZ氏は語っていたが、今から1年以上かかることも示唆していたという。しかし初めて「Binance Australia」が構想中であることが正式に語られたとMikeyは報じている。

バイナンスは豪州の旅行会社TravelbyBitに出資を行なっている。今年7月には航空機やホテルを予約する時の支払いに、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、バイナンスコイン(BNB)が利用できるようになった。予約プラットフォームにはバイナンスが開発した独自のブロックチェーンである「バイナンスチェーン」が活用されている。

関連豪州旅行会社、仮想通貨決済を受付開始

また8月には、ウィンクルボス兄弟が運営する米国の仮想通貨取引所Geminiが、豪州に取引所サービスを拡大。豪州で仮想通貨のさらなる普及を目指すと説明していた。

関連仮想通貨取引所Gemini、豪州でサービス開始

参考資料 : Mickey

CoinPostの関連記事

会計ビッグ4のKPMGがフィンテックランキングを公開 決済系企業好調・バイナンスもランクイン
ビッグ4会計事務所のKPMGが2019年版フィンテック企業トップ50発表した。最新順位では中国系大手決済系企業は順位を上げたが、仮想通貨関連企業は順位を落とした。
CryptoCompareの最新取引所ランキング、バイナンスがTop10陥落 その理由は?
仮想通貨リサーチ企業CryptoCompareが、セキュリティや信頼性など複合的な評価を基準とした取引所のランキングを改訂。バイナンスがトップ10から陥落したことがわかった。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る