記事の詳細

米ヤフーでデータをチェック

米国金融ニュースサイトの最大手、Yahoo!ファイナンスは、仮想通貨のベンチマークデータを提供するCoinMarketCap(CMC)と提携、ウェブサイトを統合した。

CoinMarketCapは「Yahoo!ファイナンスと戦略的パートナーシップを結び、Yahoo!の仮想通貨セクションを強化。最新の市場価格、指数だけでなく、教育コンテンツも間もなく閲覧が可能になる」とツイッターでアナウンスした。

この統合により、Yahoo!ファイナンスの仮想通貨ページで、世界の仮想通貨時価総額の90%以上を占める仮想通貨の情報が閲覧できるようになった。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、テザー(USDT)など主要な仮想通貨を含む合計118種類もの銘柄の価格が提供されている。価格設定には、世界の200を超える仮想通貨取引所からのデータが組み込まれている。

それぞれの仮想通貨の個別ページに遷移すると、価格チャート(一日、五日、一月、半月、一年、五年などのレンジで確認可能)や、最新の時価総額、出来高、流通供給量などを確認することができる。

今後、2つのCMC仮想通貨インデックス、Crypto 200とCrypto 200 EXも追加される予定だ。

CoinMarketCapのインデックスは、市場で最も包括的になるように設計された一連のベンチマークインデックスで、米ドルで取引された時価総額によって上位200銘柄のパフォーマンスを測定する。

教育コンテンツも共有

CoinMarketCapは、Yahoo!ファイナンスに仮想通貨関連の教育コンテンツも提供する予定だ。CMCのニュースレターやブログコンテンツが、Yahoo!の仮想通貨一覧や個々の仮想通貨ページのニュースストリームに統合される予定になっている。

Yahoo!を運営するベライゾンメディア社のFinance, Tech, Autos and Membership責任者であるJoanna Lambert氏は、仮想通貨が引き続き注目を集めているため、世界中の何百万人ものYahoo!ファイナンスユーザー向けに仮想通貨データを拡大することが不可欠と認識を示し、「信頼できる仮想通貨データプロバイダーであるCoinMarketCapと提携することで、タイムリーで確かな仮想通貨情報を提供して、ユーザーの需要を満たすことができる」と語った。

CoinPostの注目記事

仮想通貨市場の健全化に寄与 CoinMarketCap、新取引所ランキングを公開
仮想通貨データ最大手のCoinMarketCapが、流動性を測定基準とした新取引所ランキングを公開した。市場の健全化にも大きく寄与する事例に。
月9.7億PVの日本Yahoo!ファイナンス、ビットコインなど「仮想通貨レート」掲載開始|リップル(XRP)の時価総額を2位と算出
日本最大手のヤフーファイナンスで仮想通貨のレート表示が始まり、ビットコインなど8通貨に対応した。注目すべきはリップルの時価総額で、イーサリアムの2倍以上となる3.37兆円と算出している。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る