記事の詳細

アリババ、映画海外配信にブロックチェーン技術活用へ

中国大手アリババグループの子会社であり映画製作を行うアリババピクチャーズが、リリースを控える新作映画「Striding into the Wind」の配信権利のトークン化を計画している。中国メディア「中国網」が報じている。

同社はニューヨークに拠点を置く分散型エンターテイメントプラットフォームとして知られるBreaker(旧SingularDTV)と契約を結び、イーサリアムベースのブロックチェーン技術を活用した海外向けの配信を行う計画だ。

アリババ・ピクチャーズのシニア・バイスプレジデントとアリババの発券アプリTaopiaopiaoのCEOを務めるLi Jie氏は、今月20日に開催された中国の著名映画祭「金鶏百花映画奨」にて計画を発表したという。

同氏によれば、現在、映画業界においてブロックチェーン技術をそのビジネスモデルに取り込む動きがあるとし、頻繁にブロックチェーン技術の可能性に関する議論が交わされているという。アリババ・ピクチャーズにとっても同様で、同技術の積極的な導入を図っていると説明した。

ブロックチェーン業界で頭角現す中国

先日の日経報道で、09~18年春の統計において、中国企業からのブロックチェーン特許出願が米国の3倍に達していることがわかった。

知財サービス会社「日本技術貿易」が企業別の出願ランキング(09~19年)を算出した結果、アリババグループは512件で首位を獲得。

中国の習近平国家主席は先月、中国共産党がブロックチェーンを重要な革新的ブレークスルーのコア技術と見なし、テクノロジー開発の推進に取り組むべきだと発言するなど、ブロックチェーンへの注力を表明している。

CoinPostの注目記事

世界チェス選手権の主催企業 仮想通貨Algorandで「ハイブリッドIPO」を実施
世界チェス選手権を主催する企業「World Chess」は、米発の仮想通貨プロジェクトALGOのブロクッチェーンを利用し、ハイブリッドIPOを実施する計画を発表した。
「ナイキ」を購入して仮想通貨ビットコインでキャッシュバック Lolliが提供開始
ビットコイン還元アプリ「Lolli」は米スニーカー大手「ナイキ」と提携し、買い物によるBTC還元を提供する。還元率は最大で3%。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る