記事の詳細

野村HDなどが設立カストディ企業がライセンス取得

野村ホールディングス株式会社とLedger、Global Advisors Holdings Limitedが共同設立した仮想通貨カストディ企業「Komainu」が、英領ジャージー島にてカストディと委託事業者のライセンスを取得した。ニュースメディア「Financial News」などが報じている。カストディサービスの提供に向け一歩前進した格好だ。

野村証券は以前、「デジタル資産の急激な市場の成長を受け、機関投資家は市場参入を検討しているが、安全かつ法規制に準拠したカストディ・サービスが不足していることが市場参入障壁になっている」と指摘。それを契機に、新たに機関投資家向けのカストディサービスの提供するために、Komainu社を設立した。

現在の実情として、仮想通貨の高いボラティリティに関するリスクだけでなく、その管理にかかるリスクも非常に大きい。例えば、ハッキングによるウォレットの秘密鍵盗難や紛失などが挙げられる。

カストディサービスが充足することで、前述した仮想通貨を保有するだけで発生するリスクを最小限に留めることが可能になると考えられる。

業界の一連の課題がカストディサービスの発展・普及により解決されれば、機関投資家の参入障壁も大きく下がると見られる。

CoinPostの関連記事

有価証券の取引をブロックチェーンで管理 野村HDと野村総研が共同開発へ
野村HDと野村総合研究所は8月にも新会社を設立し、社債などを対象に有価証券の取引をブロックチェーンで管理する仕組みを共同開発する。日本経済新聞が報じた。業界内でどのように協力が進んでいくのかが注目される。
主要国の仮想通貨規制は「名称と定義の統一」が最優先課題|野村総研と英ケンブリッジ大の共同研究
英名門ケンブリッジ大学が野村総合研究所との研究の結果、仮想通貨業界発展のためには世界標準で利用可能な専門用語が必要である。各国の仮想通貨に対する名称や年ごとで利用される名称などを分析した。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る