記事の詳細

JPモルガンの新たな特許

米メガバンクのJPモルガンは、貸借プロセスを効率化できる、分散型台帳ベースのフロアプラン資金調達の仕組みについて、特許を出願した。主に自動車業界の資金調達プロセスへ用いることを意図する。

米国では、自動車ディーラーが在庫を担保としてメーカーから車両を仕入れる「フロアプラン」というローンの調達方法が一般的である。しかし、ディーラーが販売台数を銀行に偽って報告することがあり、サプライチェーンにとっては問題となってきた。

これを防ぐために現在、監査人がディーラーの敷地を実際に訪問して、車両に関する情報を収集し、融資対象の在庫が実際にあることを確認している。この作業には多くの資金や時間が費やされてきた。今回出願されたブロックチェーンによるシステムは、こうした作業を代替できるものになる見込みだ。

GPS情報もリアルタイム追跡

JPモルガンの新しい仕組みにおいては、すべての自動車がブロックチェーン上に登録され、あらゆる貸し手、ディーラー、自動車メーカーがGPS位置などリアルタイム情報にアクセスできるようになる

アメリカでは、すべての自動車に、車両が誕生してから廃棄されるまで、車両識別番号(VIN)が割り当てられている。このVINとスマートコントラクトを組み合わせてブロックチェーンに固定することで、GPS位置や、経過年数、バッテリー寿命など車両の状態をリアルタイムで識別できるようになるという。

これによって「GPS位置などの担保監査に関連する重要な項目を追跡し、フロアプラン契約と結び付けることを容易にする」とJPモルガンは説明する。

さらに、今回のシステムは「ダブルフローリング」という慣行も防止するように設計されている。これはディーラーが、通常一つの車両につき一つのフロアプラン契約の担保とするところを、別の銀行との契約のためにも同じ車両を使ってしまうことである。

JPモルガンのブロックチェーン部門責任者によると、このシステムはディーラーによって試験的に使用されているところだが、まだ本格的な立ち上げにはいたっておらず、テスト段階にあるという。また今回のブロックチェーン・ネットワークは、自動車メーカーや、銀行、金融会社、通信接続できる機器のディーラーなど、より広い範囲でも応用できるだろうと語った。

参考:US PATENT&TRADEMARK OFFICE

CoinPostの注目記事

中国のブロックチェーン特許出願数、米国の3倍に 日経新聞が一面で報道
2009〜2018年の統計において、中国企業からのブロックチェーン特許出願が米国の3倍に達している。トップ企業は中国のアリババ。日本経済新聞が一面で報じた。
JPモルガン、ブロックチェーンでデリバティブ取引時の担保送金を高速化
JPモルガンは、米フィンテック企業と共同でブロックチェーン技術を応用した新システムを開発。デリバティブ取引時の担保送金、調整管理等をリアルタイムで行うことが可能に。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る