記事の詳細

欧州連合も高速決済システムを開発

欧州連合(EU)は米国の大手決済企業に対抗するために、独自の高速決済システムを開発している。ロイターが報じた。

EUの欧州委員会の副委員長Valdis Dombrovskis氏は、2021年の年末までに欧州内で利用できる決済システムをローンチすると話した。なお、デジタル通貨については、研究を進めているという。

その時になれば、欧州の住民や企業は国内外においても高速に決済できるようになると見ている。すでにEUにはTIPSという即時決済システムはあるが、これまで銀行等金融機関は積極的に採用していない現状だ。

なお欧州中銀(ECB)の副総裁Benoit Coeure氏は、「個別の国のソリューションや国家の分裂は欧州全体の競争とイノベーションを阻害している」と指摘し、Visa、Mastercard、Amazon、Apple、PayPalといった米大手決済企業への依存を無くし、独立した決済体系を確立するべきだと語った。

高速決済システムのほか、デジタル通貨についても研究を進めている。仮想通貨リブラのような「グローバルステーブルコイン」の台頭によるリスクや影響を懸念し、加速化した動きになる。

EUが新たな決済システムに動いた要因として、米民間企業だけでなく、米連銀の動きも挙げられる。以前、連銀は民間企業と競い合うために、リアルタイム決済システムを2023〜2024年にローンチすると発表した。

参考:ロイター報道

CoinPostの注目記事

米連銀が「デジタルドル」を調査 現段階では開発に至らず
米連銀のPowell議長は米議員宛ての手紙で、現時点では「デジタルドル」によるメリットや費用等を慎重に調査しているが、開発にまでは至っていないと伝えた。その理由とは。
米高官が連銀の高速決済システムを促す FB社のリブラ等に対抗
米連邦取引委員会の高官がFRBへの書簡で、リブラやメガバンクなど民間企業の勢力拡大を食い止めるものとして連邦準備銀行が計画している「FedNow Service」を迅速に実行するよう催促した。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る