記事の詳細

楽天ウォレット、レバレッジ取引の準備進める

仮想通貨取引所「楽天ウォレット」の山田社長は28日、ビットコイン(BTC)など仮想通貨の証拠金取引に関して、顧客ニーズに応じて準備中であることを明かした。

注目を集める仮想通貨と楽天ポイントとの連携については、「グループのペイメント事業があるなか、決済分野での可能性を探っている。」と言及、検討段階としている。

山田社長は今年9月、シンガポールの大型カンファレンスにて「楽天の目標は、日本国内で日常的な”仮想通貨決済”を可能にすること」と述べ、将来的な巨大経済圏での活用を示唆、「楽天フィンテック」は楽天グループの最も有力な事業の1つと強調した。

将来的には、楽天ペイなどのキャッシュレス領域との連携や、国内最大級の巨大経済圏を有するインターネット・ショッピングモールの「楽天市場」を含む、eコマース事業での活用も視野に入れたものだと考えられる。

関連:

「楽天の目標は、日本国内での日常的な仮想通貨決済」楽天ウォレット 山田社長
仮想通貨取引所「楽天ウォレット」の山田社長は、シンガポールの大型カンファレンスにて「楽天の目標は、日本国内で日常的な”仮想通貨決済”を可能にすること」と述べ、将来的な巨大経済圏での活用を示唆した。

金融庁の認可を得た自主規制団体「一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」は、金商法改正などを背景に、正会員登録されている国内仮想通貨取引所に対し、規則・ガイドラインでレバレッジ上限4倍を定めている。先日、金融庁検討グループで議題に上がったレバレッジ上限2倍引き下げ案に対し、国内市場の死活問題だとして議論を呼んだ。

関連:

国内仮想通貨市場に深刻な危機感、ビットコイン(BTC)のレバレッジ2倍規制問題で
国内仮想通貨取引所の「ビットコイン(BTC)レバレッジ規制」をめぐり、金融庁の狙いは「レバレッジ上限2倍」と報じられた。深刻な影響を及ぼしかねない仮想通貨業界では、有識者を中心に大きな議論を巻き起こしている。

CoinPostの関連記事

【速報】楽天ウォレット、暗号資産(仮想通貨)の現物取引サービスを開始
楽天ウォレットは、暗号資産における現物取引サービスを開始した。取り扱いはBTC、ETH、BCHの3種類となる。万が一破綻した場合でも、顧客資産が利用者に直接返還されるなど、信託保全の仕組みも万全の体制を整えた。
「楽天の目標は、日本国内での日常的な仮想通貨決済」楽天ウォレット 山田社長
仮想通貨取引所「楽天ウォレット」の山田社長は、シンガポールの大型カンファレンスにて「楽天の目標は、日本国内で日常的な”仮想通貨決済”を可能にすること」と述べ、将来的な巨大経済圏での活用を示唆した。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る