記事の詳細

赤十字社が経済支援のためにブロックチェーンに基づいた現地通貨の発行計画

ノルウェーとデンマーク、ケニアの赤十字社がブロックチェーンによって裏付けられた現地通貨を展開する計画であることが分かった。トムソン・ロイター財団が11月26日に伝えた。

ケニアの貧困地域では商品を購入したりサービスを受けたりするのに十分な現金を持っている人がほとんどおらず、より多く生産するインセンティブが減少している。このような現金不足を解消するために赤十字社は、2年間の取り組みを開始した。

ケニアやエチオピアの一部で試験導入開始

このプロジェクトでは、赤十字社から現金やバウチャーとして配布される援助で年間10億ドルの使用の改善を目指している。このプロジェクトで提供される新しい通貨は、携帯電話で転送されブロックチェーンに自動的に記録されたクレジットを使用する。スラムに住む人々や村人は労働力提供する代わりにクレジットを獲得、地元の商品やサービスに使用することができる。

デンマーク赤十字社のアダム・ボーンスタイン(Adam Bornstein)氏は、「このシステムは、ケニアでポピュラーなM-Pesaと同じように機能する。しかしユーザーはケニアシリング(ケニアの法定通貨)を保有しておく必要が無い」と話した。

また同氏は、「ケニアとエチオピアの一部でこのシステムのテストを行った。仕事・販売・援助注入によって生み出されたクレジットが複数回取引取引に使われ地元で消費されたことにより、貧しいコミュニティの経済を押し上げている」とも言及している。

新しいプログラムでは、ケニア国内での拡大とマラウイとミャンマー、ジンバブエ、カメルーン、パプアニューギニアへの展開が予定されている。今後2年間で32万人の利用が目標となる。

おそらくブロックチェーンの唯一正しい使い方

ジュネーブを拠点として活動している人道支援コンサルタントのポーラ・ギル(Paula Gil)氏は、「この技術は援助提供に革命をもたらす可能性がある」とし、「これは未来である。おそらくブロックチェーンの唯一正しい使い方である」とトムソン・ロイター財団に話している。

赤十字プロジェクトを含むコミュニティ通貨を開発する財団であるグラスルーツ・エコノミクスの創始者ウィル・ラディック(Will Ruddick)氏は、「ブロックチェーンに基づいた交換システムは、開発と回復力構築のための支出が世界中でどのように方向付けられるかを変える可能性がある」と話している。

参考
Red Cross boosts disaster-prone communities with blockchain ‘cash’

【こんな記事も読まれています】
東京オリンピックはサイバー攻撃やチケット転売防止にブロックチェーン技術の出番?
「ブロックチェーンがビジネスの基盤になるには10年かかる」は本当か?
NASAがブロックチェーン技術の人材募集、月面基地や火星上の未来都市開発か?

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る