記事の詳細

2019年の仮想通貨詐欺および窃盗被害金額44億ドル

ブロックチェーン分析企業CipherTraceは、2019年これまでの仮想通貨関連詐欺および窃盗被害金額が44億ドル(4810億円相当)に及ぶとする結果をQ3報告書で発表した。

CipherTraceは、120もの取引所のKYCとAML対策を検証し、仮想通貨関連犯罪を調査していた。

2019年の合計被害金額は44億ドルに上り、2018年比で158%増。特に被害金額の大きい事案として、PlusToken詐欺は29億ドルで、カナダの取引所QuadrigaCXが失った仮想通貨資産の約2億ドルなどがある。

一方で、Q3(9〜11月)の関連犯罪は過去2年間で最も少ない四半期になることが判明したという。

Q3の仮想通貨被害状況としては、650万ドルに相当する仮想通貨が仮想通貨取引所から流出、900万ドルが詐欺によって騙し取られており、被害総額は550万ドルになった。

なお、今回の調査には、昨日確認された重大インシデント「韓国の最大手取引所Upbitはハッキング事件」は含まれていない。Upbitの被害額は342,000ETHの約5000万ドルに相当する。

KYC導入状況

資金洗浄対策(AML)やハッキング追跡対策として必要となるKYC(顧客顧客確認)の導入状況に関しても、CipherTraceは調査した。

120の取引所のうち、健全なKYC基準を施行しているのは42社で、未だ不完全なKYC状況の取引所が49社、緩いKYC状況の取引所も29社あるという。

うち、120のうちの38社はいわゆる「匿名通貨」を取り扱っており、KYCによる追跡が妨げられると見られていると指摘した。

仮想通貨のハッキング事例後の取引所間協力など、世界的にKYCの高水準が求められる一方で、匿名通貨の流動性懸念もある状況だ。

ポーランドの仮想通貨取引所BitBayは、資金洗浄の懸念で匿名通貨モネロ(XMR)の上場を廃止すると発表。今年の8月、コインベースUKはイギリスの歳入税関庁の動きを懸念し、匿名仮想通貨Zcash(ZEC)の取り扱いを中止した。AMLコンプライアンスが強化される一方、匿名機能の高い通貨は、取引所のコンプライアンスという障壁に直面しつつある。

参考:ロイター報道

CoinPostの注目記事

韓国OKEx、財団の要請を受け「DashとZEC」の上場廃止再審査
仮想通貨取引所OKEx Koreaは、上場廃止予定だった5つの匿名性通貨のうち、DashとZECの上場廃止を保留した。財団側による「判断基準に不備がある」との指摘内容を受けた変更となる。
米仮想通貨取引所コインベース、英国でZcashのサポート終了へ|歳入税関庁からの書簡が理由か
米仮想通貨取引所コインベースが、英国ユーザーに対し、匿名仮想通貨Zcash(ZEC)の取り扱いを中止することを発表。8月26日までに他の仮想通貨に交換するなどの対応を求めている。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る