記事の詳細

約30万円幅の上昇から一転、下降トレンドを続けるビットコイン

みなさんの記憶に新しい約30万円幅の上昇からずっとジリジリ下げ続けているビットコインですが、「底打ち」しているのでしょうか?

現物ホルダーやトレーダー全員が気になっている話題だと思いますので、今回記事にしました。

では、チャートを見ていきましょう。

重要そうなレジスタンス・サポートラインを赤色、節目になりそうな位置を黒色で描画しています。

一旦6,500ドル台(約71万円付近)で大きく反発し、1,000ドル幅近く(約10万円)戻してはいますが、私はまだまだ小さなリバの範疇という捉え方をしています。

ただ、下降トレンドが継続しているとも考えておらず、1,000ドル幅(約10万円幅)くらいのレンジになるのではないかと考えています。

二番底を警戒

またトレンド転換したという目線がちらほら出てきていますが、日足ベースで見て二番底をつけていません。この価格帯を中・長期的に見たときの大底にするというのであれば、高確率で日足ベースの二番底をつけに落ちてくるだろうというのが現状、私の目線です。

ざっくりではありますが、分析していきます。

(※便宜上、左右赤矢印で囲っている範囲を左肩・右肩と称します。)まず、この形は自分の中で、トレードする価値が無くなる鉄板パターンです。

縦線で囲っている枠を1区間として左肩の1区間に対して、右肩の1区間が大体同じ時間の調整になりやすいです。かつ、この区間に滞在している間中期的にトレンドは出ない可能性が高いです。

左肩に対して右肩の位置が切り下がっているので下降チャネルで描画しています。ハンマーのスタンプがついているところが大体のショートポイントになります。

また下降チャネル・下降トレンドライン(黒色)をブレイクしても、左肩の底支えになっていたトレンドラインのロールリバーサルが決まる可能性が高いと思われます。

上昇チャネルへの移行シナリオは

但し、そうなった場合一旦は上昇チャネルに移行するので、画像解説を付けておきます。

TradingViewのBTCUSDチャート 拡大可

新しく追加した白いチャネルが上昇チャネルです。

このチャネル推移になれば、上昇トレンド転換にも希望が持てるでしょう。赤矢印が大体の想定です。

短期的には、7,400ドル(約81万円付近)を守るかどうか、7600ドル(約83万円付近)より上でどれだけ滞在できるかが要となりそうです。

ここから数週間は方向性が難しくなりそうなので背を明確に、資金管理をきっちりしてトレードに臨みましょう。

寄稿者:やがみLight_Yagami_a

為替・仮想通貨合わせてトレード歴6年。
現在のメイン時間軸はスキャルピングで、BTCFXが主戦場。デイトレード〜スキャルピングを教えるトレードサロンTRADEWORKS運営陣。チャネル、ライン、プライスアクションから相場を読み解くことが得意。

CoinPostの関連記事

リップル最重要カンファレンス『SWELL 2019』、注目ポイントと仮想通貨XRPへの影響
米リップル社主催の最重要カンファレンス「SWELL 2019」が迫るなか、仮想通貨相場に影響を与え得るポイントを特集した。前回、前々回のSWELL時のXRP価格推移も掲載。
仮想通貨ビットコインFX:ローソク足の見方、始値のレジサポに重きを置く理由(寄稿:やがみ)
仮想通貨ビットコイン(BTC)におけるローソク足のレジサポやプライスアクションの捉え方について、チャート図や「ライントレード」と組み合わせて詳しく解説。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る