記事の詳細

RippleNet参加企業、Alipayと提携

アラブ首長国連邦の決済プラットフォーム企業Finablrが中国の大手決済アプリAlipayと提携、共同事業としてブロックチェーンベースの国際送金プロジェクトを立ち上げる。プレスリリースを公開した。

「今回の提携では、AntFinancial(Alipayの運営企業)の送金システムにFinablrのプラットフォームが統合された。今後AlipayのグローバルEウォレットパートナー企業を含む送金ネットワークへの拡大を検討している」と説明された。

これら2社は送金領域でサービスを提供している企業でもある。Finablrは170ヶ国で計2500万人のユーザーに送金サービスを提供、Alipayは各国のEウォレット事業社と連携し、約12億もの利用者にサービスの提供を行なっている。

また、Alipayは独自のブロックチェーン技術を有しており、AliPayHK(香港)とフィリピンGlobe Telecomのグループ会社が運営するモバイルウォレットアプリ、GCash間で同技術を利用したリアルタイム送金を開始している。

FinablrはRippleNetの参加企業で、リップルの送金技術を利用している。今回の提携内容では、RippleNetに関連した動きかは明らかにされていない。

参考:Finablr発表

CoinPostの注目記事

リップルの「Xシリーズ」  RippleNetとODLの立ち位置を吉川絵美氏が解説
Rippleのブロックチェーン基盤送金ソリューション「Xシリーズ」、RippleNetとODLの立ち位置を吉川絵美氏が解説した。
中東の国際送金企業がリップルネットに加盟|UAEからタイへの送金経路を確保へ
UAEを本拠地とする国際送金企業Finablr社は、ブロックチェーン技術を利用した決済サービスの提供に向け、RippleNetに加盟し、アラブ首長国連邦からタイへの送金経路を確保した。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る