記事の詳細

2019年も終わりに近づいてきました。前回の記事「通貨に国家という発行体は必要か?」の続きが執筆できておらず、申し訳ございません。言い訳ですが、来年年始にこれまでにない新しいサービスをクリプタクトからリリースする予定でして、その対応に追われておりました。

詳細はまだ明かせませんが、楽しみにしてください!

さて、仮想通貨を使った取引は常に新しいものが誕生しており、私たちのような損益計算サービスを提供している事業者もいつも頭を悩ませております。投資家の皆様にとっては、「これって確定申告ではどういう税務処理になるんだろう?」という疑問が出てくる頃かと思います。

今日は、コインタックス株式会社の田辺社長にお越しいただき、確定申告の状況、2019年に誕生した新しい取引やそれらの税務処理について伺ってみました。

今だからできる節税対策!ということで、2019年が終わる前に投資家の皆様に確認していただきたいこともあるので、是非最後までお付き合いください。

コインタックス株式会社

コインタックス株式会社は暗号資産(仮想通貨)投資を行う上で、ハードルとなる税務周りの問題の解決を主に行っている企業。
確定申告サポートから、税務調査や暗号資産の相続に至るまで幅広いサービスを提供している。

株式会社クリプタクト × コインタックス株式会社


斎藤

田辺社長、こんにちは。コインタックスさんは仮想通貨に特化した税務サービスを提供されており、ビジネスパートナーとして密接な関係を有する税理士法人GLADZさんとの協力の下、これまで累計300人もの仮想通貨投資家の方々に確定申告関連サポートを行われてきたそうですね。まさに仮想通貨税務のエキスパートでいらっしゃいます。今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。


田辺社長


斎藤

はじめに簡単に自己紹介させて頂きますが、当社クリプタクトでは、複雑な仮想通貨の損益計算を個人が簡単に行えるようなウェブサービスを展開しています。ユーザー数、対応通貨数、対応取引所数の総合力で業界No.1と自負しており、おかげさまで大手交換所、例えばbitFlyerさんとも提携させて頂いております。

弊社では、面倒な仮想通貨の損益計算を代行し、仮想通貨投資家の皆様の確定申告をサポートする事業を主に手がけています。投資家の皆様にとって面倒な仮想通貨損益計算書や確定申告だけでなく、税務調査にいたるまで、幅広いサポートプランをご用意しております。また、弊社のもう一つの特長として、弊社自身もマイニングで継続的に利益を上げている、という点があります。つまり、仮想通貨については、同業者より断然詳しい、というのが弊社の強みです。


田辺社長


斎藤

それではまず、2018年度分の確定申告の状況について伺いたいと思います。

2018年は、仮想通貨価格が暴落したこともあり、2019年3月の仮想通貨取引にかかる確定申告需要は、大きく減ったのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

たしかに、2018年以降の仮想通貨をとりまく状況を見ればそのような予想になるかと思うのですが、実のところ、確定申告の重要はそれほど大きくは減りませんでした。


田辺社長


斎藤

そうなんですね!それはちょっと驚きでした。背景としてどういった理由が考えられますでしょうか。

利益を出されている方の多くは、2018年初頭の高騰時に利益を確定させていたか、信用取引のショート(信用売り)で利益を出しておられました。また暴落したとはいえ、2017年の上半期などに購入された方からすると十分な値上がり幅があったことも要因でしょうね。


田辺社長


斎藤

なるほど、そういう事ですか。どうもありがとうございます。それでは今年の状況についてお伺いします。

2019年は逆に仮想通貨相場が大きく値上がりする局面もあったので、利益が出ている人も増えたのではないかと思います。まだ確定申告の本シーズン前ではありますが、足元の需要状況はいかがでしょうか?

あくまで現時点での状況ですが、2019年の方が去年より少ない印象ですね。今のところ、お問い合わせの数は前年の50%程度で落ち着いています。ただし、これから確定申告のシーズンが近づけば、お問い合わせ等は増えてくるのではないかと思います。


田辺社長


斎藤

これもまた意外な動きですね。価格自体は年を通して上がっていますが、それとは必ずしも連動しないのですね。ところで、お答えいただける範囲で結構ですが、確定申告を予定している投資家について、利益額ではどのくらいの水準がボリュームゾーンでしょうか?

あくまで弊社がご依頼いただいている投資家様に限った話ですが、利益額のボリュームゾーンは、500万~1000万くらいの方ですね。

今年は2017年や2018年と比較すると、利益が数億円になるような投資家様は少ない印象です。


田辺社長


斎藤

なるほど。やはり確定申告サポートを利用される方は、大きな利益がでていらっしゃいますね。では、話題を少し変えさせていただきます。

2019年には国税庁より仮想通貨取引の損益計算方法について、新たな指針も出ました。一方で、仮想通貨では日々新しい取引が誕生しています。

田辺社長がご覧になられている中で代表的な事例で結構ですが、これまでなかった新しい取引があれば、教えてください。

例えば、CROSSexchangeという取引所では、通貨の売買取引時に支払った取引手数料が取引所独自の通貨『XEX』として返還されるという新しい取引が行われています。また、通貨を2種類預けておくだけで『XEX』が自動で採掘される自動マイニングプランや、定期的に行われる様々なキャンペーンにより『XEX』やその他通貨が配当されるようです。なお、受け取った『XEX』をロックしておくと、さまざまな種類の通貨を配当として受け取ることができ、最近では、『XEX』を永久にロックして高配当を受け取ることのできるプランも追加されたそうです。


田辺社長


斎藤

聞いているだけで頭痛がしますね。笑

そういった取引については、どのような計算を行っておられるのでしょうか?

マイニングや取引手数料の返還、配当として受け取られた通貨は、通貨の受け取り時点で利益として計算しています。


田辺社長


斎藤

ロックされた『XEX』が、万が一返ってこなかった場合はどう考えるか?など色々論点もありそうな取引ですね。

私が他にも見聞きしたものだと、Bid100という取引所で行われているクーポンを用いた取引があります。これはもらったクーポンに表示されているビットコイン枚数分を、証拠金なしに取引できるFXのようです。

で、このあとが面白いのですが、その取引で利益が上がった場合、その利益に応じて取引所に収益の一部が分配されるようです。例えば、2%以下の利益だと利益の全額が取引所にとられ、2-5%以内の利益だと利益の〇%が取られる、といった仕組みのようです。

一方、損が出たときは支払いも何もなく終了のようです。

初耳でした。それは面白い。バイナリーオプションと通常のFXを融合したような商品ですね。


田辺社長


斎藤

正直、このような取引は伝統的な金融商品では考えられないですね。

既存の金融取引に当てはめて考えようとすると、混乱、あるいは否定しがちになると思いますが、一歩退いて見ると、仮想通貨取引のようにコードさえ書ければ、何でも実現できてしまうような取引だと、人間の想像力を自由に働かせたこれまでにない取引が誕生する面白さもあります。

といっても、実際にそれを確定申告といった既存の枠組みに適用して申告する作業をサポートされる御社から見ると、厄介な頭痛のタネになるかとは思いますが。笑

そうですね。笑

仮想通貨取引では、新しい取引所や取引方法が次々と登場していますからね。弊社でも、新しい取引所や取引方法が登場するたびに、提携している税理士と打合せを重ね、何とか妥当な結論を出すことに腐心しています。専門家と打合せを重ねること自体がノウハウの蓄積にも繋がるので、大変ですがとても意義のある作業です。

もちろん、それでも明確な答えを出せない場合もあるので、そのときはお客様にご説明し、納得していただいた上で進めています。


田辺社長


斎藤

これまで300人もの仮想通貨にかかる確定申告をサポートされたということで、コインタックスさんには多種多様な取引、申告から税務調査対応など、すごい知見がたまっていそうですね。ところで、年末までに投資家が行う事ができる税金対策があると伺いました。

例えば、含み損を実現して実現利益にぶつけるというような方法があります。年内に現在の実現利益や含み損がどれくらいあるのか、現在の実現利益に含み損をぶつけるとどうなるのかをしっかり把握して取引することがポイントだと考えています。


田辺社長


斎藤

確かに、含み損益を把握した上で取引を行うのは、確定申告を行う上で、とても重要な事ですね。

クリプタクトのサービスでは、まさに含み損益や、利益がどうなるかの確認のため、取引のシミュレーションを行う事が可能です。

御社でもこの機能を、ご利用いただいていますか?

もちろん、弊社でも使わせていただいてますよ。

使いやすいのでとても助かっています。クリプタクトさんは、対応されている取引所数や仮想通貨数、また何十万件以上の取引件数にも1分単位の時価で計算可能など、総合的にダントツで使いやすく正確であると考えております。そのためリリース当初から契約して使わせて頂いております。


田辺社長


斎藤

どうもありがとうございます!面と向かって褒められると恥ずかしいですね。笑

田辺社長、本日はお時間をいただきありがとうございました。今日はコインタックスさんから、仮想通貨の確定申告にまつわる状況などを伺いました。

田辺社長には、「仮想通貨確定申告、こんな事があった」(仮題)というトピックで、次回の対談にもお付き合いいただく予定です。ここではなかなか聞けない裏話など深堀りして聞いてみたいと思います!笑 楽しみにしてください。

ほんと色んな話があるんですよ。仮想通貨に特化して多くの方をサポートしてきたからこそなんですが。本日はありがとうございました。


田辺社長

斎藤 岳
株式会社クリプタクト 代表取締役

2007年、ゴールドマン・サックス証券入社。

2010年、ゴールドマン・サックス・インベストメント・パートナーズで、ヘッジファンドマネージャーとして最大800億のポートフォリオの投資・運用を行う。2018年、ブロックチェーンやスマートコントラクトのテクノロジーに可能性を感じ、アミン、増田とともに株式会社クリプタクトを設立。2019年、株式会社クリプタクト代表取締役就任。

斎藤 岳( @Cryptact_gaku)

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る