記事の詳細

FTXが中国の暗号通貨インデックスをローンチ、主要なプロジェクトは?

FTXが中国の暗号通貨インデックスをローンチ

10月に中国国家主席の習近平が声明を出し、国家としてブロックチェーンの強く取り組んでいくことを表明したことは各メディアから報道されている通りです。この声明に伴い、中国発のブロックチェーンプロジェクトのトークンの価格も連想買いされて高騰しています。

その相場に乗じて、新興取引所のFTXが中国系のブロックチェーン銘柄のインデックス商品「DRGN-PERP」をリリースをしました。

FTXのDRGN-PERP
出典:FTX

このインデックス銘柄は中国のさまざまな銘柄に連動して価格が動くように設計されています。つまり、投資をすると中国の暗号通貨全体に投資をできるようになります。銘柄やプロジェクトごとの詳細な調査がしにくい中国のプロジェクトに全体投資できることは投資家にとってメリットがある商品でしょう。

中国発の主要なプロジェクトは?

「DRGN-PERP」に含まれている銘柄は以下の通りです。この銘柄が暗号通貨における主要な中国銘柄であると理解して良いでしょう。

バイトム(BTM)
アセットを発行するプラットフォーム。

アイオーエスティー(IOST)
分散性の犠牲を最低限にしながら、トランザクション性能を高めようとするスマートコントラクトブロックチェーン。

ネオ(NEO)
BFTDPoSのコンセンサスで稼働するスマートコントラクトブロックチェーン。

ナルス(NULS)
スマートコントラクトプラットフォーム。インターオペラビリティを将来的に目論む。

オントロジー(ONT)
エンタープライズブロックチェーンとも互換性があるパブリックブロックチェーン。

クアンタム(QTUM)
ビットコインと同様のUTXOでありながらEVM互換があり、イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトを実行できるブロックチェーン。

トロン(TRX)
イーサリアムをベースとしながらも、コンセンサス部分がBFTDPoSの改良されており、トランザクション性能が優れる。

ヴィチェーン(VET)
サプライチェーンのブロックチェーン。

中国の個別銘柄の調査も重要

中国の主要銘柄を簡潔に紹介しました。中国がブロックチェーンに対して力を入れていることで、今後中期的に重要になる銘柄も出てくる可能性があることから、個別銘柄の調査に時間をかけることも有用でしょう。

そういった時間がない場合は、インデックスもリリースされており、投資家にとってはさまざまなオプションが増えている状況と言えます。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】11月22日より開始!BitMEX インデックス価格に3つの取引所を加え出来高荷重を導入
仮想通貨市場への参入強化を進めるナスダック、ビットコイン(BTC)のインデックス提供など
イオス(EOS)が1位に、第9回国際パブリックチェーン技術評価インデックス発表


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
外https://d10nlab.com

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る