記事の詳細

南アフリカは仮想通貨利用を厳格に規制

南アフリカ準備銀行(SARB; South African Reserve Bank:中央銀行)は、為替管理の迂回の目的で仮想通貨(暗号資産)が利用されることを防ぐため、新しい規制を来年第一四半期から導入する。2日、BUSINESS REPORTが報じた

南アフリカは、為替管理によって、個人や企業が国外送金できる金額に制限を設けている。申告なしの送金では100万ランド(約750万円)、申告ありで1000万ランド(約7500万円)が上限となっており、ランドの価値低下から資産を守りたい富裕層に仮想通貨は人気の手段であったという。

今回の規制は、ボーダーレスの特性を利用した仮想通貨への資産逃避を防ぐ目的もあると指摘される。

南アフリカ最大のブロックチェーンコミュニティであるSA Cryptoは声明で、「保守的な規制は南アフリカのイノベーションを妨げるだけでなく、同国への投資をも妨げる」と述べた。

より厳格な通貨管理を目的として、SARBが仮想通貨の使用を制限することの意味は広範囲に及び、憂慮すべきものだ。

仮想通貨市場の時価総額だけでも2100億ドルに達しており、多くのブロックチェーンや仮想通貨企業が世界中から投資を集めているため、(保守的でなく)先進的な規制を採用している国々では、業界が大きな経済成長を牽引している。

南アフリカ銀行大手のファースト・ナショナル・バンク(FNB)はこれに先駆けて仮想通貨企業への締め付けを強化しており、先週は仮想通貨を扱う企業のすべての銀行口座を閉鎖した。FNBは「特に適切な規制の枠組みがまだ整備されていないことを踏まえ、仮想通貨関連企業にある潜在的なリスクを包括的に検討した上で、これは賢明な行動であると考えている」と声明で述べている。

これに対し南アフリカ最大の暗号通貨取引所の1つであるAltCoinTraderの最高経営責任者であるRichard de Sousa氏は以下のように不満を述べている。

金融機関がこのような国際的な圧力に屈し、世界中の個人や業界関係者に銀行サービスが拒否されることに我々は失望している。

CoinPostの注目記事

なぜ、南アフリカの仮想通貨事情が今熱いのか:4つの理由
南アフリカ仮想通貨取引所「Luno」のGMが、仮想通貨が同エリアで人気な理由について金融インフラ、金融リテラシー、アフリカ大陸内の取引需要、自国通貨の変動の4点を挙げ解説した。
南アフリカ中央銀行「仮想通貨は従来の金融制度に甚大な影響を与える」|法的取締の必要性に言及
南アフリカ中央銀行(SARB)は、仮想通貨は従来の金融制度に甚大な影響を与えると考え、仮想通貨に対する包括的な法的取締りの必要性を言及する。仮想通貨に関わる収入への課税も計画されている。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る