記事の詳細

GMO日本円と連動したステーブルコイン(GYEN)の発行に向け内部実証実験開始

GMOインターネット株式会社が12月23日、以前より準備を進めていた日本円と連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN(GYEN)」に関して、土台となるブロックチェーンの内部実証実験を開始したことを発表した。同社が発表したプレスリリースによると、2020年上半期中のGYENの発行に向けて準備を進めていくとしている。

今回発表された内部における実証実験は、「GYEN」の土台となるブロックチェーンの開発が完了し、次のフェーズとして行われる。また、ステーブルコインの「GYEN」は海外で提供を開始する予定。ステーブルコインの発行の狙いとしてGMOインターネットは、「GYEN」を通じて仮想通貨のボーダレスな取引や、フィンテック分野におけるブロックチェーン技術の活用支援を目指すとしている。

参考
日本円と連動したステーブルコイン(円ペッグ通貨)「GMO Japanese YEN(GYEN)」、2020年上半期提供開始に向けてブロックチェーンの内部実証実験を開始

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
GMOコイン口座開設方法・アプリの使い方・評判【初心者向け基礎知識】
GMOコインが相互協力による「FC琉球コイン」開発プロジェクトを発表

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る