記事の詳細

ネム(NEM)次世代ブロックチェーンSYMBOLに向けた講演が東京南青山で開催

SYMBOLローンチに向けた講演会が開催

2019年から暗号通貨ネム(NEM)の次世代ブロックチェーンであるカタパルト(Catapult)の開発環境が整備され、進められてきた。2020年1月4日には、その新名称が「シンボル(SYMBOL From NEM)」とコミュニティ投票により決定したとの発表がされた。同時にパブリックテストネットが正式に発表され、シンボル(SYMBOL)のローンチに向けた期待が高まりつつあるようだ。

センタリング
出典:NEM SEMINAR 2020 – Load to SYMBOL –

そんな中、日本コミュニティの有志により、ネム(NEM)に関する講演会が2020年1月19日に開催される。次世代ブロックチェーンSYMBOLのパブリックテストネットが発表された今、もう一度NEMの基礎を確認することや、ブロックチェーンに触れる新たな機会にもなるだろう。

講演会の概要は以下の通りとなる。

項目 内容
イベント名 NEM SEMINAR 2020 – Load to SYMBOL
日時 2020年1月19日(日曜日)13時〜18時頃
場所 アララ株式会社(東京都港区南青山2丁目24-15)
参加費 無料

より詳しい詳細については下記サイトを確認してほしい。

参考:NEM SEMINAR 2020 – Load to SYMBOL –

講演会の内容

この講演会では、既にミジン(mijin)のブロックチェーンを活用したプロジェクトに関わっている人々に、ネム(NEM)を選んだ理由や、どのように活用しているか、また次世代ブロックチェーンSYMBOLのローンチ後の話などを中心に、事例を紹介しながらの講演が行われる予定だ。講演終了後にはワーキングフェーズが設けられ、参加者間での意見交換も可能となっている。

暗号通貨はこれまでの金融の概念にとらわれず、分散型で一定の管理者に依存しないことが魅力の1つでもある。誰かの命令で動くのではなく、有志によって広がる活動こそが重要であり素晴らしいことに思う。このような活動が、ブロックチェーンを成長させ、未来を作るきっかけになるだろう。誰もがブロックチェーン成長の一端を担えるのだ。

ネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨ネム(NEM)カタパルト後の新ブランド名は「Symbol」に決定
ネム(NEM)カタパルト移行手続きQ&A:利用者は手続きに注意
nemgraph 使い方ガイド(CoinChoice編集部ver):画像投稿型SNSの革命

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る