記事の詳細

仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況

16日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比-1.42%の94.8万円と反落。過熱感から、利食いが先行した。

時間足でトリプルトップを付けており、8,400〜8,500ドルの支持線で止まれなければ、7,800〜8,000ドルまで深押ししてもおかしくないように見受けられる。一方で、米シカゴマーカンタイル取引所(CME)のローンチ直後のオプション取引高が取引量を記録したことも相場の後押し要因とみられ、BTC現物やメジャーアルトへの断続的な資金流入が観測されていることからリバウンドも極めて強く、底堅さから買い意欲は旺盛だ。

短期的なトレンド転換は認められることから、今後の争点は、中期的なトレンドの方向性になるだろう。

落ち切らずにアセンディングトライアングル形成で100万円台に乗せるシナリオも無きにしも非ずだが、いずれにせよ9,000〜10,000ドルを超え、さらなる上昇を見込むのであれば、日柄調整は不可欠だと考えられる。

着目すべき2つの指標

1D200MA

株価や外国為替のテクニカル分析において使用される移動平均線は株式市場でも注目されるが、BTC市場でも重宝されており、なかでも200MAはワークしやすい。前回の半減期である2016年以降の長期上昇トレンドをサポートしたほか、2018年以降の下落トレンドではレジスタンスに。

16日時点で、日足200移動平均線は9,070ドル(99.7万円)に位置しており、これを下値支持線として値固めできるか注目される。

1WMACD

週足MACDのゴールデンクロスが成立した場合、2019年2月中旬以来となる。

2020年1月時点

当時BTC価格は3,000ドル台(30万円台後半〜40万円前半)を推移していたが、その後の4月以降に上昇トレンド入り。6月末には14,000ドル(約150万円)をマークした。

2019年2月時点

bitfinexのLS比率では、1月4日以降ロングポジションが大幅に減少するなか、14日以降はショートが急増。3300BTC→6175BTCまで増加している。

CoinPostの関連記事

ビットコイン:大変革の2020年なるか、控える二大アップデートと半減期
仮想通貨ビットコイン(BTC)に関わる2020年の注目ポイントは?実装される可能性がある2つの重要アップデートと半減期を解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【1/11更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る