記事の詳細

RippleNetにナスダック上場企業が参加

Ripple Insightsの最新ブログ内容によると、米ナスダックに上場している国際送金企業International Money Express(Intermex)がリップル社のRippleNetに参入した。Intermexはラテンアメリカやカリビアン地域への送金に特化している。

IntermexがRippleと提携したことにより、RippleNetを利用し、米国とメメキシコ間の送金を加速化することができるという。今回の発表では、XRPを利用するODLを採用するかどうかは明確ではない。

資料によると、Intermexは米国とメキシコの送金ルートにおいて最も規模の大きい送金企業の1つで、年間3,000万の送金回数を処理している。

ナスダックの上場企業としてRippleNetを利用している企業はIntermexが初めてではない。昨年よりRippleと戦略提供を行なった大手送金企業マネーグラムもその1つだ。

マネーグラムはODLでXRPを介し、米国メキシコ(USD/MXN)だけでなく、オーストラリア、フィリピンでもリアルタイムの送金サービスを行なっている。

参考:Ripple発表

CoinPostの注目記事

メキシコ大手取引所Bitso、仮想通貨XRP(リップル)のODL送金高が続伸
世界最大級とされる米・メキシコ間の送金ルート(USD/MXN)は年間350億ドルに及ぶが、RippleのODLを利用した「米ドル→メキシコペソ」の送金が全体の2.5%を占めるなど、実需拡大を見せている。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【2/4更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ページ上部へ戻る