記事の詳細

イーサリアム上に医師の墓碑銘

新型コロナウイルスについて、早くから警鐘を鳴らしていた中国武漢の医師が6日深夜に死亡。そして、7日に、何者かがイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上に、この李文亮医師を記念して、「Monument(記念碑)」という名前のスマートコントラクトによる墓碑銘を作成したことが確認された。

出典:イーサリアムブロックチェーン

この「Monument」のソースコードには、李医師の伝記が記録され、特に新型肺炎についての危険を警告した医療専門家としての貢献が書きとめられた。また「安らかに眠れ」という言葉も記されている。

スマートコントラクトの特性により、この慰霊碑は不変であり、検閲されることもなく、世界中から自由にアクセスすることができる。

この記念碑は、インターネット上で中国のユーザーが李医師の死に大きな悲しみを表明していた時に作成された。死亡報道の直後、中国のメッセージングアプリ、Weibo(微博)やWeChatは、李博士の死を悼むメッセージに溢れていた。

*生前の李文亮医師

「デマを流した」として摘発、その後感染

李文亮は感染が始まった湖北省武漢の病院で働いていた医師だった。中国政府が公表する前の昨年12月30日の段階で、SNS上で、新型肺炎について警告を行なった。

しかしその後警察当局に「デマを流した」として摘発され、沈黙を強いられていた。

1月中旬以降、肺炎の急速な感染拡大に伴い、警察からデマを流布したと非難された李医師は最前線で戦う一人であったことが明らかになり、人々に認識され始めたが、その後、院内感染とみられる新型肺炎のため、病院で亡くなった。享年34歳だった。

このことをきっかけにして、中国国内では言論の自由を求める声や、「良心的」告発を封じ込めて感染予防対策の妨げとなった当局の責任を問う声が高まっている。

こうした世論を鎮静化する狙いもあってか、死亡を受けた中国政府は一転して哀悼の意を示し、李医師を評価する姿勢を見せている。

しかし本件についても依然として言論統制は行われている。

李医師の死亡は中国時間の木曜日に報じられ、直後にWeiboのリアルタイムトレンドのトップに躍り出た。だが、数十億のビューがあり、ハッシュタグで数百万のコメントが投稿されていたにも関わらず、数分以内に7位に下落した。

李医師に謝罪を要求するものを含め、政府を公然と批判するハッシュタグは制限されている。

一方、8日朝時点で、中国では新型コロナウイルス患者の数が3万4000人を超え、死亡した人は717人に上っている。収まる兆しの見られない事態を受け、中国国内では政府の初期対応や言論統制をめぐって批判が高まっている。

CoinPostの注目記事

中国で仮想通貨採掘業務の強制停止事例 コロナウイルスの影響で警察主導
中国で、仮想通貨マイニング業務の強制停止事例が報告された。大手中国ビットコイン採掘業者BTC.topのCEOが報告。コロナウイルスの拡大を理由に、警察主導で強制的にシャットダウンされたという。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【2/4更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ページ上部へ戻る