記事の詳細

ビットコインの1万ドル突破、中国大手SNSでもトレンド入り

ビットコインが1万ドルを突破したことを受け、中国でもトレンド入りが確認された。

ビットコイン市場は9日に1万ドルを上抜けて以降、大台の1万ドルラインをサポートラインに転換。一夜明けた10日も1万ドル水準を保つ形で、1万200ドルで取引されている。(Coinbase)

ビットコインの1万ドル突破は、中国習近平国家主席がブロックチェーンを国家戦略として発表して以降、初めて。当時のマーケットは、中国マネーの流入を期待して一時的な価格高騰を記録したが、仮想通貨への規制強化継続が報じられると、マーケットに利益確定に動いた。

中国市場への期待感は薄れつつある現仮想通貨市場ではあるが、ビットコイン1万ドル突破を機に、中国圏で最大のソーシャルメディア「Weibo」でトレンド入りしたという。

中国は、公設の仮想通貨取引所を通じた仮想通貨取引が禁じられている国ではあるものの、OTC取引を通じて仮想通貨のマーケットが継続している。

主な取引通貨はCNY(中国元)とUSDTのペア。投資家らは、USDTを通じて、他国の仮想通貨取引市場を利用している。

安価な電力を利用したマイニングの主要国でもある中国では、水面下ではあるものの、一定の仮想通貨取引需要がある。しかし、USDTがグローバル市場でもあることで、中国のマーケット需要や関心を的確にデータで捉えることは、現時点で困難な状況だ。

これらのことを踏まえると、SNSのトレンド情報は、市場動向を見る上でも重要な指標と言っても過言ではない。

中国人投資家の仮想通貨市場への関心を高めていると指摘されている要因もある。新型コロナウイルスの蔓延だ。

中国国内の状況を見た投資家が国内金融マーケットから、ドローダウンを嫌気する形で、オルタナティブ資産に逃がしている状況がその一例に挙がる。

出典:Coinlib

なお、中国マネーフローを一部反映するUSDTの資金流入は、仮想通貨市場の70%近くを占める状況(Coinlib参照)、2019年とは異なり、アルトコインへの資金フローが多く見られている状況がデータから確認できる。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ページ上部へ戻る