記事の詳細

カイバーネットワーク(Kyber Network)における月間取引量が過去最高に

過去最高のアクティビティ

2020年2月10日に発表された公式レポート「Kyber Ecosystem Report#11」によると、カイバーネットワーク(Kyber Network)は2020年1月に過去最高の月間ボリュームを記録したことを発表した。

月間取引量
出典:Kyber Ecosystem Report#11

カイバーネットワークは、暗号通貨を交換する分散型取引所(DEX)として機能するプラットフォームだ。カイバーネットワークのオンチェーン流動性プロトコルでは、暗号通貨を簡単にそして即座に交換することができる。

イーサリアム(Ethereum)上には、アプリケーションやサービスごとにさまざまなトークンが存在する。トークンAはアプリケーションA、トークンBはアプリケーションBというように、それぞれのサービスを使用するための固有のものとなっている。ユーザーは使用するサービスのためのトークンを所有する必要があるが、他のサービスを利用するためには、そのサービス固有のトークンをさらに所有しなければいけない。

カイバーネットワークのオンチェーン流動性プロトコルを使用することにより、自分の持っているトークンを即座に使いたいアプリケーションのトークンへと切り替えることが可能となる。ユーザーのエクスペリエンスを高め、トークンエコノミクスをより活性化できるものとなる。

高まるステーブルコインの需要と今後の動き

カイバーネットワークの今回の月間ボリュームについて、取引総数だけでなく、USD取引量でも過去最高値を記録している。

USD建て取引量
出典:Kyber Ecosystem Report#11

データによると、100カ国以上のユーザーがカイバースワップ(KyberSwap)を利用して取引が行われている。取引ユーザーの37%はヨーロッパ、35%は北米、17%はアジアとなっている。

国別内訳
出典:Kyber Ecosystem Report#11

またDeFi(分散型金融)の成長により、借り入れや貸し出しに使用できるステーブルコインの需要が高まっているようだ。カイバーネットワークの取引量のうち60%を、ダイ(DAI)、テザー(USDT)、USDコイン(USDC)、サイ(SAI)、ラップド・ビットコイン(WBTC)などのステーブルコインが占めているようだ。

また、今後のアップデートとして、2020年第2四半期にカタリスト(Katalyst)を実装するとしている。アップデートでは、カイバーネットワークのトークンであるKNCのステーキングも追加予定とのことだ。着実に成長するDeFiとカイバーネットワークのアップデートでさらに注目されるものとなる可能性がある。

参考
Kyber Ecosystem Report#11

【こんな記事も読まれています】
ブロックチェーンスマホ「EXODUS1」とカイバーネットワーク(Kyber Network)が統合!
Kyber Network(カイバーネットワーク)CEOが語る、分散性の重要性や今後の展望とは?
2020年に投資対象として注目できるかもしれないトークンKNCとは?

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ページ上部へ戻る