記事の詳細

XRPのフラッシュクラッシュ発生

仮想通貨取引所BitMEXのXRP取引で、フラッシュクラッシュが発生した。

フラッシュクラッシュが発生したのは13日23時。BitMEXのXRPUSD取引で0.33USDから0.1311USDまで急落した。

現時点で、今回のフラッシュクラッシュについての詳しい原因は明らかになっていない。このような現象は、板が薄くなるなど流動性の低下する薄商いの中で、大口の成行誤発注のほか、ビットコインなど連動銘柄を含む相場操縦を意図した仕掛け売り、投資家のストップロス連鎖、あるいは取引システム異常などが要因となり発生する。

マーケットコンセンサスが偏る局面では、相場の是正が発生しやすくなるため、BitMEXやbitFlyer、Binanceにおけるの出来高推移、および資金流入出にも注視したい。

なお、XRP市場は12日に日本円建て30円を明確に上抜けると価格が急伸。13日の23時時点では37円の前日比10%高で取引されているなど、市場は好調に推移している。

市場高騰前のニュースとしては、主に2つの報道が確認された。

  • BRDウォレットがXRPを新規サポート
  • Binance.USがモバイルアプリのXRPをサポートをPR

CoinPostの関連記事

仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み
仮想通貨イーサリアムのPoS採用予定や大手仮想通貨取引所コインチェックのサービス開始で、国内外で一気に認知度が高まることとなったステーキングについて、実際の利率など詳しく解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【2/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ページ上部へ戻る