記事の詳細

BCHとBTCが流出

3000万ドルに相当する仮想通貨(暗号資産)ビットコインキャッシュと、1500万ドル相当のビットコインがSIMハッキングの手口によって、大口投資家の携帯のウォレットから流出したことがわかった。

中国事情通のDovey Wanも内容をSNSで伝えた。多額の資産を携帯で管理していたことを通じて、ユーザーに注意喚起を行っている。

被害を受けた中国人のユーザー(クジラ)は約2時間前に、「3confirmationsの段階。100万BCHを失った。マイナーとコミュニティに助けを求める!」と訴えた。

該当するアドレスは、qzumak2rvxksjgkjuxe2fe5jxatktlsnhy5sthr5p7だ。

被害はビットコインキャッシュに留まらず、1500万ドル分のビットコインの流出も確認されたという。

実際のトランザクション履歴では、分散送金されている事例が確認されている。

声明にある確認数(confirmations)は、ブロックチェーンの改ざんなど、セキュリティに関する確認数を意味する。取引所などでは、この確認数を長く取ることで、セキュリティの担保を行なっている。

一方、ブロックチェーン上にトランザクションが載ってしまっていることから、現時点で巻き戻しなどによる対応は厳しい。今回の声明は、取引所などに向けて対応を促す内容と推察される。

具体的な事情は未だ判明していないが、スマホなどの携帯電話を狙ったSIMハッキングは近年多発している。

「SIMハッキング」は、携帯電話番号を悪用した個人情報の盗難手法で、携帯電話の番号を奪うことで、電話やSMSメッセージを乗っ取ってしまうというもの。仮想通貨を狙った手法でもあり、過去にハッカーの逮捕事例などがある。

CoinPostの注目記事

bZxで再び攻撃被害 被害額は約7000万円の仮想通貨イーサリアム
DeFiのレンディングプロトコルであるbZxが再び攻撃を受けた。今回の攻撃によって想定される被害額は2388ETHで約64万5000ドル(約7000万円)になる。
北朝鮮ラザルス、仮想通貨関連のハッキング攻撃で新手法
北朝鮮政府のハッカー集団ラザルス は、仮想通貨を盗み出すハッキングを行う攻撃で、新たな手法を用いていることが報告された。サイバーセキュリティ大手カスペルスキーがレポートを公開した。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ページ上部へ戻る