記事の詳細

主要6ブラウザで比較検証

Brave Browserは他の人気ブラウザを差し置いて、最もプライバシーが確保されたブラウザに選ばれた。

アイルランドの名門、ダブリン大学トリニティ・カレッジで行われた研究によると、人気Webブラウザを比較した調査で、ChromeやFirefox,Safariなどのなかで最も安全だと結論づけられたのはBrave Browserだった。

研究の対象になったのはGoogle Chrome、Firefox、Safari、Brave Browser、Microsoft Edge、そしてYandex Browserの世界中で使用されているブラウザ6個になる。

実施したテストの結果で、Braveは以下のように結論づけられた。

Brave Browserは初期設定ではIPアドレスの追跡をさせるような識別子は確認できず、バックエンドサーバと訪れたWebページの詳細を共有することもなかった。Chrome,Firefox,Safariではバックエンドサーバとページの詳細を共有していた。

また、プライバシーの観点から評価対象のブラウザを3つにグループ分けすると、Braveは唯一最もプライベートなブラウザに選ばれ、次点のグループにChrome,Firefox,Safari、そしてEdgeとYandexは今回の調査対象のなかでは最もプライバシーの評価が低いグループになった。

Braveは広告をブロックし、プライバシーを重視した設計が特徴のブラウザで、広告やトラッカーをブロックすることでより高速な読み込みを実現している。

また、広告による収益システムの代わりとして気に入ったサイトには「投げ銭」をする機能もついており、ユーザー自身もブラウザを利用することでポイントを貯めることができる。ポイントは将来的に様々な利用方法が想定されている。

参考: Web Browser Privacy

CoinPostの関連記事

日本のテレビ番組で放送:仮想通貨を活用する次世代型ブラウザ「Brave」の魅力
仮想通貨BATでトークン設計を行う次世代型ブラウザ「Brave」について日本のテレビ番組が放送。広告ブロックや節電効果、Braveが世界で利用される魅力を紹介した。
仮想通貨BAT利用のアンチ広告ブラウザ「Brave」 月間ユーザー数1000万達成
プライバシー重視の暗号化ブラウザー「Brave」の月間アクティブユーザー数は2か月間で約20%増、1000万人に到達。広告閲覧者に「BATトークン」を付与するリワードプログラムが全端末で利用可能になったことが要因か。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ページ上部へ戻る