記事の詳細

イラストを購入し、漫画オーナーに

誰でも漫画のオーナーになれる、そんなサービスが登場した。漫画家支援プラットフォーム「CANDL」ではブロックチェーン技術が用いられており、誰でも漫画のオーナーになり、印税の一部を受け取ることができる。

今回、その実証実験として、ダークファンタジー漫画「クロザクロ デジタル新装版」の提供が行われる。漫画のファンは漫画のデジタルイラストを購入することで、そのイラストの所有権を得ることができる。

同時に、その漫画のオーナーとして、電子書籍の売り上げの一部が還元される。なお、購入にはイーサリアムウォレットが必要になる。

モバイル漫画アプリを中心として電子コミックが漫画市場を牽引する中、電子書籍はその複製が容易なことなどを原因に、中古品の売買が成り立たない、あるいは海賊版の横行という問題が指摘される。

ブロックチェーン技術を利用することで、漫画を購入したことが簡単に証明、確認できる世界が実現されれば、これらの問題を解決できる可能性も注目される。

この様な仕組みが実現すれば、漫画のオンライン管理でオリジナルコンテンツを維持。投資家やファンは、将来有名になりそうな漫画に投資を行う「新たな投資の形」もできるかもしれない。

CANDLを開発、運営するのはブロックチェーン教育サービスやコンサルティング事業を手掛ける株式会社TART。他にも、オンラインで行えるブロックチェーンの学習サービスなどを開発中だ。

作品を提供するナンバーナインは漫画のデジタル配信代行事業や、漫画家向けに確定申告の代行サービスを行なっている。最近では人気漫画「左ききのエレン」単行本プロジェクトのクラウドファンディングを成功させている。

参考: 株式会社ナンバーナイン:プレスリリース

CoinPostの関連記事

ブロックチェーンコンテンツ協会の設立宣言とブロックチェーン業界の発展
今回の設立宣言はブロックチェーンコンテンツ協会が事業者が守るべきブロックチェーンコンテンツガイドラインの策定、更新や関連法規の取り纏めなどをセミナーという形で支援していく第一歩であると言える。
国産BC戦略アクションゲーム「Crypto Alchemist(クリケミ)」リリース
仮想通貨イーサリアムを使わずにプレイ可能なブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」が新たにリリースされた。プレイが資産となる戦略アクションゲームで、ゲーム内市場のほか、
ゲーム外サービスで自由にデジタル資産の取引を行うことが出来る。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る