記事の詳細

ビットコインキャッシュのアップグレードについて

仮想通貨ビットコインキャッシュのBitcoin Cash Nodeプロジェクトの開発者は公式ブログで、5月15日に計画されている大型アップグレードに関するマイルストーンの進捗を語った。

今回のアップグレードでは、インフラ資金調達プラン(IFP)への投票、BIP9は関係なく、ABCクライアントと同じデフォルト値で構成され最長チェーンに従うように実装される構築だと説明。

予定されているアップグレードは『チェーン分裂のない安全なノード実装』を目標にしていると強調した。

また、以下の実装が計画されている。

  • スクリプト実行時の署名チェックをSigOpsからSigCheckと呼ばれる新しいシステムに置き換える
  • スタックアイテムのバイトを反転させる命令の追加

今回のアップグレードには注意が必要

なお、今回のアップデートは、ハードフォークを伴うが半減期の後であることにも注意が必要だ。

CoinGeckoの半減期カウントダウンによると約35日後の4月8日にビットコインキャッシュは半減期を迎え、マイニング報酬は6.25BCHに。

採掘ブロック進行状況の関係で、BTCやBSVより早く半減期を迎える関係から、BCHネットワークを維持するマイナーが半減期後にどの様な動きをするか、現状不透明な状況にある。(BCHのみマイナーの収益性が低下する懸念が高いため)

アップデートと日程感が近いことから、その影響にも注視したいところだ。

参考:ビットコインキャッシュ

CoinPostの注目記事

速報 4500万ドル相当の仮想通貨が携帯から流出 大口投資家、ビットコイン、ビットコインキャッシュで被害
中国人クジラは3000万ドルに相当する仮想通貨(暗号資産)ビットコインキャッシュと1500万ドルのビットコインが「SIMハッキング」の被害で流出したと報告。
ビットコイン大型アップグレード「タップルート」がBIPs上に正式掲載
ビットコインのブロック内の署名データサイズ縮小に関する一連の更新案がBIPs上に掲載。合意形成がなされればSegWitに次ぐソフトフォークとして実施される。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る