記事の詳細

コインベースCEOがアルトコインの可能性に言及

米大手仮想通貨(暗号資産)取引所CoinbaseのCEOを務めるBrian Armstrong氏は、今後予想される仮想通貨市場の展開について言及。市場の成熟化が進み、アルトコインがビットコイン以上に普及する可能性は十分にあると示唆した。

ビットコインとアルト市場とのドミナンスはバブル期以降、再び開きつつある。市場がアルトに消極的になりつつある中で、再び競争の活性化をArmstrong氏は指摘する。

ツイッター上にて仮想通貨市場の発展をインターネットの過去の歩みになぞらえ見込まれる今後の展開について見解を語り、「どのブロックチェーンが先に5000万人のユーザー規模から50億のユーザーに拡大するかはまだ誰もわからない」と述べた。

仮想通貨黎明期

例えば、かつて一世を風靡したブラウザNetscapeは、ステートやセッションの作成方法が存在していなかったため、クッキーという概念を作りだした。

また、当時のインターネット通信において、httpが利用されていたためすべての情報が暗号化されず平文のままやり取りされていた。そこで、SSL/HTTPSといった技術が登場した。

こうしたインターネット黎明期における、課題に直面した際に編み出された様々なツールや技術の台頭は、現在のブロックチェーンのスケールアップや匿名通貨に係るプライバシー保護への取り組みと重なる部分が多いという。

上述したことを踏まえた上でArmstrong氏は、社会に仮想通貨がより普及するためには、スケーラビリティとプライバシー保護、これら二つの要素が満たされる必要性があると語る。

こうした二つの特徴はビットコインに欠けているとまでは明言していないものの、こうしたアドバンテージをより多く持つアルトコインがビットコイン以上に普及する可能性を示唆した。

一方、Armstrongの見解に対して、一部のユーザーは反対。ビットコインの躍進についても触れた。

トランザクションスピードのスケールアップにおいて、現在高速ネットワークの「ライトニングネットワーク」や「SegWit」の利用率が大幅に改善している点が指摘されている。

また、プライバシーの点に関して、今後実装される可能性のある大型アップグレード「タップルート(Taproot)」が挙げられた。タップルートとは、ブロックチェーン上における全トランザクションの見え方を均一にし、区別がつかないようにして匿名機能を強化する技術だ。

CoinPostの注目記事

ビットコイン大型アップグレード「タップルート」がBIPs上に正式掲載
ビットコインのブロック内の署名データサイズ縮小に関する一連の更新案がBIPs上に掲載。合意形成がなされればSegWitに次ぐソフトフォークとして実施される。
20年の主要アルト高騰率ランキング 仮想通貨ファンダ基準にした格付けも=G Crypto
「Generation Crypto」は20年現在の最も上昇した仮想通貨アルトコインのランキングを発表。イーサリアムやテゾス、BNB、ネムなどがランクインした。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る