記事の詳細

ビットコイン急落

ビットコイン市場が8日、前日比8%の8200ドル(857,000円)に。24時間で、9240ドルから8159ドルまで最大下げ幅は1000ドルを超えた。(Coinbase)

断続的な下落で、BitMEXでは計18000BTC(154億円相当)のロスカットも発生。今回の下げ幅拡大に影響した可能性がある。

出典:bullbearanalyzer.com

基軸通貨ビットコイン(BTC)の暴落の連れ下げで、アルトコインも大幅安。日本の取引銘柄も前日比10%安と、全面安の様相で、銘柄によっては2月から3月の上昇前水準まで値を落としている。

現時点で下落の要因は明らかになっていないが、海外で2つの売り圧力が警戒されていたことが報告された。

1.PlusToken

PlusTokenが保有する仮想通貨のうち、13,000BTCが新たにミキシングサービスへ動かされたことがわかった。

PlusTokenは、18年より開始された「高い投資収益」を謳った中国のウォレットサービスで、後の捜査報告からネズミ講に関連する詐欺であることが発覚。被害は、20万BTCを含む計29億ドルと報告されるなど、過去最大規模の仮想通貨詐欺被害と指摘される。

過去の事例でも、PlusTokenの首謀者がBTCを定期的に売却したことが明らかになっており、2019年の8月に2.3万BTCが複数の取引に移動した際にも、ビットコインが急落したケースが見られている。

当時も、PlusTokenの首謀者らは「Wasabi Mixer」というミッシングサービスなどを利用し、売却時の追跡を困難にしていたことが明らかになっており、今回と類似するケースから市場が警戒した可能性もある。

仮想通貨市場を翻弄する「クジラの正体」史上最大のBTC詐欺に関連か
仮想通貨市場全体の弱気相場を先導するビットコイン(BTC)価格の不調。中国の動向への指摘も相次いだが、仮想通貨データ分析を行うErgoは、とある「売り圧力」を指摘した。

ミキシングとは

複数の取引データを混ぜ合わせることにより、元々の保有者を判別不能にする技術。脱税や資金洗浄を目的に利用されることが多い。

2.Bitfinexで断続的な売却が発生

海外トレーダーHsaka氏の報告によると、Bitfinexで断続的な売却が発生した。

ツイッターのスクリーンショット(複数取引所の約定履歴):10万ドル規模の売却が秒単位で断続的に行われていることが確認。今回の下落がBitfinex主導で行われた可能性も指摘されている。

CoinPostの注目記事

世界的な利下げの流れは仮想通貨ビットコインにどう影響を与えるか|寄稿:タキオン
コロナショックによる世界的な経済活動の影響を踏まえ、仮想通貨市場における直近の値動きと今後の展望をファンダメンタルとテクニカルの両面から独自考察。ビットコイン(BTC)のほか、イーサリアム(ETH)分析も行った。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る