記事の詳細

老舗取引所のクラーケン、外国為替取引へ参入

仮想通貨取引所のクラーケンは外国為替取引ビジネスへ参入したことが分かった。新しいサービスは本日、米国東部標準時(EST)で10時30分から利用可能になり、現在9つの取引ペアが確認できる。

USドル、カナダドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、そして日本円の通貨が取り扱われており、日本円は米国ドルとユーロとの取引ペアがある。

出典:The Block

クラーケンは将来的に取引ペアは追加される可能性があるとしている。

外国為替取引の手数料はクラーケンのステーブルコインの手数料に基づき、メイカーとテイカーを区別したモデルが使われる。

資金を借り入れるなどして行うマージントレードは外国為替取引ではまだ利用可能にはなっていないが、クラーケンは仮想通貨取引ですでに同サービスを提供している。

また、外国為替取引は米国在住の人には利用できない。

クラーケンはサンフランシスコを拠点として2011年に設立された、仮想通貨取引の中でも老舗取引所の一つになる。仮想通貨取引所やOTC取引業務、先物取引プラットフォームなどを事業の中核として成長してきた。

また、クラーケンは長年にわたり、事業の強化を目的として企業の買収を行ってきた。最近では、クラーケンはオーストラリアを拠点とした仮想通貨取引所Bit TradeとOTCのサービスを提供するCircle Tradeを買収している。

去年には”7桁”の取引により、仮想通貨企業を買収し、Kraken Futuresとしてリブランディングを行っている。これまでにクラーケンが買収した案件は、公開されているもので10個になる。

クラーケンの外国為替取引への参入は前例のない動きとなるが、ほかの仮想通貨取引所がこの動きに追従するのかは不明だ。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る