記事の詳細

NVIDIAがPCのリソース提供を依頼

仮想通貨(暗号資産)マイニング用のGPUも手がける大手半導体メーカーNVIDIAは、新型コロナウイルス対策に協力するよう呼びかけている。

協力とは、ユーザーのパソコンのリソースを提供すること。今回支援の対象となっているのは、難病の解析に役立てる分散コンピューティングプロジェクト「Folding@home(F@h)」というプロジェクトを支援する。

同プロジェクトでは、余っているGPUやCPUのリソースを使用し新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を解析に役立てる。

分散コンピューティング技術を利用したタンパク質に関する計算が、コロナウイルスはもちろん、多くの病気の治療に役立つという。

今月に入り、仮想通貨テゾス(XTZ)の開発者も、同プロジェクトへの協力を呼びかけた。こちらは貢献度に応じて、XTZの付与する仕組みを立案した。

関連コロナウイルス対策の支援者に仮想通貨テゾスを配布 XTZ開発者が立案

本プロジェクトには、ゲームプレイヤーやマイナーなど様々な人が参加することができる。協力の呼びかけには、実際に高性能なパソコンを持つユーザーから申し出をするツイートが相次いでいるという。協力といっても、対象のソフトをインストールした後はコンピューターが計算を行うため、特に何もする必要はない。

ネット掲示板Redditで、NVIDIAのチーム「PCMR」は、協力するユーザー数で1位になったと報告している。

CoinPostの注目記事

コロナウイルス対策を応援 日本発「アクトコイン」がオンラインイベントに支援金提供
日本発のトークンプロジェクト「actcoin」はコロナウイルスの影響によりイベントの中止が相次ぐ中、コインを利用してオンラインイベントを行う団体に支援金の提供を発表。社会貢献の見える化を目指す同プロジェクトに注目が集まる。
仮想通貨取引所バイナンス、「新型コロナウイルス」寄付など支援表明
仮想通貨取引所最大手のバイナンスが、中国・武漢を発端に世界各国で感染事例が報告されている新型コロナウイルスの脅威に対し、いち早く支援活動を開始した。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る