記事の詳細

イーサリアム2.0は年7月30日か?最大の課題はPoS移行とシャーディング

時価総額2位の暗号資産(仮想通)イーサリアム(Ethereum)は、ネットワーク容量が上限に近づいています。ますます需要が高まっているイーサリアムの難局に対応するイーサリアム2.0(ETH2.0)へのアップグレードがいつになるのか、公式発表はまだありませんが、イーサリアムの5周年である2020年7月30日になるとの見方が強まっています。

シャーディングはトランザクション記録を並列化してスピードアップする

イーサリアムのスケーリングソリューションとして優先されているのがシャーディング(sharding)です。シャーディングはユーザーの増加やノードの増加に対応して検証のスピードを飛躍的に速める重要な解決策です。

ブロックチェーンは、言い換えればデータベースです。それぞれのブロックには一連のトランザクションが記録されます。シャーディングは本来データベース用語であり、トランザクションの検証をノードごとに並列化して進めることで、トランザクションの処理が大幅にスピードアップされます。

シャーディングを円滑に進めるためPoWからPoSに切り替え

シャーディングをスムーズに進めるためには、ETH2.0への更新のもう1つの重要な要件であるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)が必要になります。ETH2.0の最大の特徴は、仮想通貨のトランザクションを承認するシステムの1つで、計算競争によってマイナーを決める現行のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)から所有するコインの割合(Stake)からブロック形成を承認するプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行することです。

PoSはPoWよりはるかに効率的で、ビットコイン(BTC)など多くの仮想通貨が採用しているPoWネットワークのスケーラビリティやエネルギー効率が大きく改善されます。

ブテリン氏によると、シャーディングとPoSとを併せることで、ETHネットワークはトランザクションが飛躍的に改善し、安価で利用できるようになります。

ETH5周年記念日の7月30日がETH2への移行日か?

ETH2.0へのアップグレードは当初、今年初めとされていましたが、その後Q1、そしてQ2でもなく、今や7月30日説が最有力になっています。イーサリアム財団の中心的研究者であるジャスティン・ドレイク(Justin Drake)氏は「この日はイーサリアムの5周年記念日であり、創出のための候補として当然考えられる日である」述べ、ETH2.0へのアップグレードの日であると示唆しました。

イーサリアム財団のもう1人の中心的研究者ダニー・ライアン(Danny Ryan)氏は「シャードチェーンのブロックサイズは16キロバイト(kb)から128kbへと、8倍になる」と指摘しています。トランザクションスピードは、ほかのソリューションとのネットワーク相乗効果がほぼ保証されることになり、ネットワークの効率とスケーラビリティが大幅に改善されます。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

参考
Ethereum 2.0 Could Be Launched on July 30, 2020
eth2 quick update no. 2

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(ETH)の今後、2020年にどうなるのか?
企業や開発者は今イーサリアム上でプロジェクトを進めるべきなのか?論点の整理
パリティとイーサリアムコミュニティの衝突、競争で揺れるブロックチェーンコミュニティ

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る