記事の詳細

有価証券問題を巡る裁判で修正訴状を提出

仮想通貨(暗号資産)XRPの有価証券問題を巡る米リップル社に対する集団訴訟で、新たな動きがあった。

25日に提出された修正訴状で原告は、リップル社CEOのBrad Garlinghouseが投資家を欺いたと主張。Garlinghouse氏がXRPを長期保有するかのような発言を繰り返しながら、自身は様々な仮想通貨取引所でXRPを売却していたことを問題視する内容だ

本訴訟が始まったのは2018年。リップル社が2013年にXRPを一般投資家へ販売したことが「連邦証券法」に違反するとして、XRPを購入した投資家が同社を提訴したことから開始した。最近では2月26日に進展があり、裁判官が、リップル社側が要求していた訴訟取り下げの申立ての一部を「棄却」すると共に、原告側に訴訟主張の一部内容を修正するよう言い渡した。

関連XRPの有価証券問題を巡る裁判に新展開

その際、裁判官はリップル社からの「リップル社とGarlinghouseの誤解を招く声明に対する取り下げ要求」も棄却している。

今回の修正訴状では、2017年12月14日のインタビューで個人的にXRPに投資をしているかと問われ、Garlinghouseが「私はXRPをロングしている」と長期保有を示唆した点を指摘。一方でXRPを米ドルや他の仮想通貨と交換していたと主張している。原告はGarlinghouse氏は少なくとも2017年に6700万XRPを売ったと訴えた。

今回の修正訴状では上記のような主張がなされたが、本裁判の争点はXRPが有価証券に該当するか否かだ。今回の修正訴状を受けて裁判がどのように展開していくか、業界の注目度は高い。

参考:UNITED STATES DISTRICT COURT

CoinPostの注目記事

仮想通貨XRP・BNBが単独上げ、要因は? 最大規模の難易度調整もビットコイン採掘上向く
仮想通貨市場は27日、ビットコインが73.7万円と史上2番目の難易度易化調整後も同水準を維持。3位XRP(リップル)が一時20円目前まで迫り、前日比10%高。9位バイナンスコインが1450円の前日比8%高と単独上げを記録した。
仮想通貨XRP関連詐欺の「見抜き方」 リップル社が公式声明
「仮想通貨XRP関連詐欺の見抜き方」リップル社公式が、XRP関連の詐欺について注意喚起文を発表。詐欺の見分け方のほか、リップル社としての対応方針にも言及している。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る