記事の詳細

仮想通貨投資の現状

仮想通貨(暗号資産)の価格が投資家が望むような上昇を見せない中、高速トレーダーやマーケットメイカーは大きなボラティリティ(価格変動)を利用して利益を生んでいる。

仮想通貨トレーディング企業B2C2の共同創業者Max Boonen氏は、仮想通貨メディアTheBlockとのインタビューで、「マーケットメイカーはビットコイン(BTC)のボラティリティをうまく活用している。高速取引を行う企業とマーケットメイカーは、買い注文と売り注文のスプレッドで利益を出している」と語った。

現在も新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響によって、全ての金融市場でボラティリティが大きくなっている。米大手デリバティブ取引所であるシカゴオプション取引所(Cboe)のボラティリティ指数(VX)は、過去1カ月で69%上昇した。

Boonen氏は「現在のボラティリティは投資に最適だと思う」と説明。特にマーケットメイカーの企業は多くの利益を生んでいるはずだとの見解を示した。

一方、BTC価格の過去10日間のデータを基にボラティリティを数値化したRealized Volatility(実現ボラティリティ)は、3月中旬には300%を超えていたが、23日には125%まで急落。BTCの価格が暴落した3月13日ごろに比べると50%超減少している。10日間のデータを基にしたボラティリティの数値が高いことは、その期間の価格変動も大きいことを示している。各期間ごとのデータを比較したのが以下のグラフだ。

出典:The Block

Boonen氏は、BTC価格が暴落した3月13日を記録的な日だったと振り返る。「BTCの価格が4000ドル(約43万円)付近まで下落した時は、市場は自分たちの考えを見直した」と述べている。

しかし、ボラティリティで利益を出せる投資家がいても、現在の仮想通貨市場は流動性も乏しく、誰にとっても良い相場だとは言えない。BTC先物の取組高(OI)も減少している。流動性が乏しくなれば、トレーダーはポジションを建てることも解消することも難しくなる。

仮想通貨分析企業skewの担当者は「3月の価格の暴落は投資家やマーケットメイカーに重大な影響を与えた。その時から先物のポジションの数も戻っていない」と語った。

skweが提供するBTC先物のOIの推移は以下のようになっている。

出典:The Block

CoinPostの注目記事

大手仮想通貨取引所へのビットコインの資金流入数、過去3年間で最低値に
仮想通貨データ分析サイトGlassnodeによれば、バイナンス、bitfinex、コインベースなど複数の主要仮想通貨取引所では、相場クラッシュ後の預かり資産(BTC数)が続落した。日平均のBTC入金は過去3年間で最も低い水準に。
ビットコイン急反発も「二番底」に向かう不安は拭えず
仮想通貨市場は31日、ビットコイン(BTC)が反発。70万円まで再び価格を戻した。ビットコインキャッシュの半減期は約1週間後に迫る。

Source: CoinPost: 仮想通貨ニュースサイトhttps://coinpost.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る