記事の詳細

バイナンス(Binance)がオプション取引を開始、投資戦略として有効な利用方法は?

Binanceがオプション取引をスタート、オプション取引とは?

Binanceは4月にオプション取引の提供を開始しました。執筆時点ではモバイルアプリのみで提供されており、ウェブからは取引できません。

オプション取引とは

  1. あらかじめ決めた満期日(限月)までに、
  2. あらかじめ決めた価格(権利行使価格)で、
  3. 「買う権利(コール)」、または「売る権利(プット)」を、
  4. ○○○円というオプション価格で売買すること。(○○○円が市場価格で変動します。)

例えば5月1日時点でビットコイン価格が7,500ドルだったとして、5月末日にビットコインを8,000ドルで売る権利が取引されたりします。

Binanceのオプション取引の利用方法や特徴

Binanceのオプションはオプション取引ですが、上記で説明した一般的なオプション市場ではなくBinanceとの相対売買であることが特徴です。ユーザ側はCall/Putオプションの買い注文しか行えず、売り手は常にBinanceです。満期までの時間は、オプションの買い注文実行日時から以下の5通りとなっています。

  • 10分後
  • 30分後
  • 1時間後
  • 8時間後
  • 24時間後

また、アメリカンタイプのオプションなので、満期を待たずに権利を行使することができます。権利行使価格は注文実行時のビットコインの価格です。加えて注文時にはプレミアムがつき、これがオプションを保有する手数料です。

これはつまりBinanceが利用者に相対で販売する金融商品です。利用する場合、前提として、オプション取引は多くの場合、売り手の利益となるケースが多いです。相場が短期間にとんでもない変動を見せた際に、買い手が大きな利益を手にし、売り手が大きな損失を抱えます。しかし、そうはならない場合、損失を抱えるのは買い手であり、この場合Binanceのユーザーです。そういった意味で使い所はよく考える必要があります。

投資戦略として有効な利用方法は?

では、投資戦略としてBinanceオプションの有効な利用方法はなんなのでしょうか?筆者が考えうる有効な利用シーンは、相場が急激に上向くと予想する時です。Binanceのオプションは、Binanceが恐らく常に売り手となっているため、いつでもオプションのロングを構築できる点がメリットであると言えます。そのような相場の局面において、以前から存在するデリビット(Deribit)のような市場では、常に十分な売り手が存在するとは限りません。Binanceのオプションの利用シーンはそういったタイミングにあるでしょう。

直近1年ほどでは、暗号通貨市場にビットコイン・アルトコイン先物、オプション市場などさまざまな金融商品が増えて、投資戦略にバリエーションをもたらしています。それぞれの市場を有効に使用する方法を見出して、自身の投資手法を確立できると有利に投資が出来るでしょう。
参照:

参考
Here’s What You Need To Know About Binance Options

【こんな記事も読まれています】
バイナンス(Binance)の世界展開を考察、日本など規制が厳しい地域へ進出は?
Binanceが日本人向けのサービスを停止する影響を考察する
BNBの証券性問題とその現状、バイナンス(Binance)としての方針とは?


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ上部へ戻る