記事の詳細

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

ErisXによると米国初のイーサリアム先物をCFTC(米商品先物取引委員会)の規制下で2020年5月11日ローンチ。ErisXは、Bakktと同様に現物決済されるビットコイン先物を提供しており、CFTC規制下でのイーサリアム先物は世界で初となる。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨デリバティブErisX 現物決済ビットコイン先物をBakktに次いでローンチ

世界初のイーサリアム先物

ビットコイン先物は、2017年12月のCMEとCboeのローンチからBakktやErisXなど多くの先物取引所が提供している一方、仮想通貨時価総額がビットコインを次ぐイーサリアムではまだ提供されていなかった。

ErisXの発表によると、ビットコイン半減期を迎える2020年5月11日(日本時間12日)と同日に現物決済されるイーサリアム先物をローンチしたと発表。

ETH先物のコントラクト詳細

ErisXのイーサリアム先物のコントラクト詳細は下記のようになっている。

取引ペア:ETH/USD
コントラクトサイズ:1コントラクト=1ETH
最小コントラクト取引価格:0.1ドル
ポジション制限:75,000コントラクト(75,000ETH)
決済方法:ETH現物
取引期間:四半期
取引終了:16:00 CT

また取引ペアとしてETH/BTCという仮想通貨同士の先物も同様に提供され、1コントラクト1ETHとなっている。

 

イーサリアムの多い実利用

ErisXによると、

 

「イーサリアムは間違いない機能性を持ち、そのユースケースは日利用や企業や組織による活用をされている。またイーサリアムの構造には既存の商品市場と多くの類似点を持つ。」

 

としている。実際にステーブルコインはイーサリアム上で最も活用されておる、DeFiなどの実利用や、トークン活用なども仮想通貨で最もされている。

さらに2020年はイーサリアムのPoS、ETH2のフェイズ0ローンチを控えており、マイナーやトレーダーのヘッジ手段として重宝する事になるだろう。

 

関連記事:イーサリアム2.0 2020年5月最新情報 32ETHステーキングでバリデータ検証をしてみた

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンでは相場影響や市場分析、テクニカルの考え方などをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

 

出典:ErisX Pioneers First U.S. Based Ether Futures Contract

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ上部へ戻る