記事の詳細

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

日本時間16日午前4時頃、仮想通貨取引所及び関係者のTwitterがハック。コインベース(Coinbase)やGemini、バイナンスやCEOのCZ氏さらには大手メディアのコインデスク(Coindesk)、インフルエンサーなどが100アカウント以上がスパムツイートをされてトップに固定されるという被害を受けている。

仮想通貨関連Twitterのハックと被害者

今回のハッキングの被害者は非常に多く、バイナンスやコインベースなどの仮想通貨取引所からはじまり、111万人を超えるフォロワーを持つ@Bitcoin(公式ではない)や、バイナンスCEOのCZ氏やトロンファンデーションのJustin Sun氏、ライトコインのCharlie Lee氏、Twitter CEOのJack氏までもが被害を受けている。被害者は主に

被害にあった仮想通貨取引所

・Bitfinex
・Coinbase
・KuCoin
・Gemini
・Binance

被害にあったインフルエンサーや著名人

・Elon Mask(テスラ CEP)
・Jack Dorsey(Twitter CEO)
・Jeff Bezos(Amazon.com CEO)
・Mike Bloomberg(ブルームバーグ創設者)
・Kanye West(ミュージシャン)
・CZ
・Justin Sun
・Charlie Lee
・Bitcoin

(*継承省略)である。

リップル社もハッキング被害

また被害は仮想通貨取引所やメディア、インフルエンサーだけにとどまらず、リップル社も同様にTwitterハッキング被害を受けている。このツイートは他のものと内容が異なり、

 

「ハッカーアドレスまで1000XRPを送金すればCovid-19(新型コロナウイルス)ファンドから2000XRPをプレゼントする。全ての寄付者は1000XRPをもらうことができる」

 

とツイート。もちろんこれはハッカーのアドレスであるため、1000XRPを送金すると失うことになるため、絶対に送金をしてはいけない。

ビル・ゲイツやイーロン・マスクも被害に

同様のツイート形式でテスラ社CEOのイーロン・マスク氏が被害にあっており、2度に渡るスパムツイートをハッカーによりされている。この形式はリップル社と同様であり、受け取ったビットコインを2倍にして送り返すとあるが、詐欺であるため要注意だ。

さらには世界で知らない人はいないであろう、マイクロソフトの創設者ビル・ゲイツ氏も同様の被害を受けている。対象のツイートにアクセスしたり、アドレスに送金などをしないように気をつけてほしい。

被害にあった仮想通貨以外の企業一覧

・Apple
・Bloomberg
・Uber
・Cash App
・リップル社

Twitterハッキングの被害額は1000万超え

ビル・ゲイツ氏の対象のツイートに記載されているビットコインアドレスを確認すると、すでに1時間たたないうちに6BTC、日本円にして約600万円に相当するビットコインが送金されており、その他同様の手口でツイートされているアドレスも0.2~0.4BTCと複数に渡るため、被害額はこの2時間で1000万円を超えているようだ。

出典:https://www.blockchain.com

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

 

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る