記事の詳細

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

イーサリアム2.0の新規テストネットをが8月4日にローンチされる予定だ。正式ローンチには最低2〜3ヶ月の安定運用が前提であるため、2020年11月5日のローンチの可能性が高まっている。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0開始条件の3/4が開始 ETH2アタックネットをローンチ

最終ETH2マルチクライアントテストネット

イーサリアム2.0リサーチャーによると、

「ETH2クライアントチームと話し合った結果、次期マルチクライアントテストのローンチはメインネット環境を実装し、最低限の時間とジェネシスバリデータで8月4日に開始する」

としている。ここでの最低限の時間とは、ジェネシスブロック生成の48時間前までに最低数のETHがステーキングされれば、次期ETH2マルチクライアントテストネットをローンチするということだ。

32ETHステーキングの”ローンチパッド“初公開

まら次期マルチクライアントテストネットではよりメインネット環境に近い状態となり、遂に32ETHステーキング時のユーザーインターフェイスとなる“ローンチパッド”を公開するという。

今までのテストネットでは、コマンドラインでの操作が必要であり、慣れないETHホルダーには難易度が高かっただろう。だがこのETH2ステーキングのローンチパッドが提供されることで、ステーキングの難易度も大幅に下がることになるという大きなアドバンテージがある。

ETH2正式ローンチは11月か

8月4日の新規テストネットがカウントダウンであるとすれば、イーサリアム2.0ローンチは3ヶ月後の11月5日頃となるだろう。これは6月に行われたAMAで話されていたスケジュールと重なっており、イーサリアムコミュニティの意向は2020年内のローンチと既に決まっていることからも、問題がなければ最終カウントダウンということになるだろう。

イーサリアム価格は現在26,000円を推移しており、ETH2年内ローンチの期待か買い支えが見られている。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロードマップは?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

 

参考The Ethereum 2.0 Testnet Launches in Two Weeks

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る