記事の詳細

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

イーサリアムは日本時間7月31日、ローンチから5周年を迎えた。イーサリアム5周年では、コロナショックによる暴落で3分の1まで下落したものの、5周年を迎えた31日には34,000円を推移している。

イーサリアム5周年

イーサリアムのメインネットワークの最初のブロックである”ジェネシスブロック”は、2015年7月30日15:26pm UTCに生成された。日本時間では31日0:26am JSTであるため、7月31日となる。30日は価格が下落気味だったイーサリアムだが、5周年となる31日を迎えたのち、約3.2%の高騰を記録している。

イーサリアムの需要は2018年と同水準へ

イーサリアム5周年を振り返ると、DeFiの急激な成長とドルと同価値を持つステーブルコインの需要高騰により、後半はガス価格が100倍近くに高騰している。日中には100Gwei(約175円)を超えた日もあり、1Gwei(約2円)で送金できていたことを考慮すると、ETH価格の高騰も相まって需要がより増加していると言えるだろう。

送金の場合で175円であり、コントラクトを動かす場合には約500円ものガス手数料が必要となる。

これはイーサリアムトランザクションのチャートを見れば一目瞭然で、2020年7月27日にはETH市場最高値である15.5万円を記録した2018年1月10日を超えているのだ。4周年であった2019年と比較しても大幅に超えており、イーサリアム2.0のローンチによるETHのステーキング需要の増加、DeFiのさらなる人気も影響していると見られる。

 

出典:Etherscan

関連記事:イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!

イーサリアム5周年の奇跡

5周年を迎えたイーサリアムは、特にイーサリアム2.0の開発進捗に目がいくだろう。3周年後の2018年、現在のイーサリアム2.0の構想が発表され、イーサリアムコミュニティは32ETHステーキングが可能となるのを心待ちにしていた。

テストネットがローンチした後、2020年ではコントラクトやクライアントの監査、最終テストなどあとはローンチのみとなっている。イーサリアム2.0はこれまでコントラクトや送金の手数料として使用されてきたが、イーサリアム2.0ローンチ後はETHの需要が大幅に変わるため、2019年の最高値を超える可能性が非常に高いと言えるだろう。

現在の価格では32ETHのステーキングには約110万円必要となり、2月のコロナショックから3倍ものコストを必要とする。

 

2020年1月:デポジットコントラクト監査と修正終了

2020年2月:Beacon Chainの開発99%終了 フェイズ1の開発90%終了

2020年5月:Schlesiマルチクライアントテストネットローンチ

2020年7月:アタックネットローンチ

2020年8月:最終公式テストネットローンチ予定

開発タイムライン詳細はこちら

 

関連記事:イーサリアム(Ethereum)4周年の軌跡とETHの今後

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

 

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る