記事の詳細

イーサリアム2.0最新情報、テストネットでトラブル ローンチは遅れる?

どうも墨汁うまい(@bokujyuumai)です。イーサリアム上での非中央集権金融(DeFi)が白熱しており、裏ではイーサリアム2.0の最終テストネット「Medalla」のテストがローンチに向けて行われています。本稿では2020年8月のイーサリアム2.0の最新情報について解説を行います。

関連記事:【墨汁速報】ETH価格への影響は?イーサリアム2.0Medalla最終テストネットローンチ

イーサリアム2.0テストネットでバグ発見

14日、Medallaイーサリアム2.0テストネットでスロットが長時間ファイナライズされないバグが発覚。これは複数存在するイーサリアム2.0クライアントのうち、最も高いシェアを誇るPrysmatic Labsの「Prysm」のノードが時刻同期を行うNTPサーバーに接続した時、4時間先の未来に同期していたことが原因となっています。

クライアントで表示された警告は、「WARN roughtime: Roughtime reports your clock is off by more than 2 seconds offset=4h0m0.028854657s.」となっており二秒以上で出る警告と見られますが、4時間以上のズレがあったことが分かります。

Medallaクラッシュの原因

Prysmは6つのNTPサーバーを介すことで、このような事態には陥らないと見ていましたが十分ではなかったということです。現在はこのバグは既に修正済みとなっています。

スロットを同期するためには正しい時間の取得が必須であり、Cloudflareが提供しているNTPサーバーが4時間進んでいたことが直接の原因となります。

結果としてPrysmを使用しているバリデータは、Casperのスラッシュ対象となるアテステーション(署名)をスロットに行うことになり、8割近いバリデータがスラッシュ(最終的に全バリデータ)されてしまいました。

ETH2ローンチへの影響は?

Prysmクライアントのバグにより、同クライアントを使用していたバリデータがスラッシュされたことでその他のクライアントごとにBeacon Chainがフォーク、スロットがスタックした状態になってしまっています。

またEtherscanによると、Medallaはスロット83103でスタックしており、同期には1日以上かかります。これらのことから、イーサリアムファンデーションは別のマルチクライアントテストネットを最初からローンチするかを考えることになると見られます。

出典:Etherscan

現時点ではまだ方向性は決まっていないもの、最低2〜3ヶ月の安定稼働をローンチ条件としているため、12月頃にずれ込む可能性が考えられます。

イーサリアムのFUDに注意

イーサリアムは年始から4.5倍に高騰しており、多くの根拠の無い批判やFUDが見受けられます。今回のMedallaのバグによるスロットのスタックを

「イーサリアム2.0テストネットがクラッシュ、正式ローンチをさらに18ヶ月後ろ倒し」

という根拠の無いツイートが拡散されています。このようなFUDでは元の記事URLを貼らずに画像のみを貼り付けるなどしており、元の情報を必ず確認するようにしましょう。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!
【墨汁速報】イーサリアムETFの準備か?米グレースケール イーサリアムトラストのForm10をSECに提出
イーサリアムの価格はいつ上がる?DeFiの成長速度と合わない理由

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やRocketPool、バリデータのランニングコストやステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ上部へ戻る