記事の詳細

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

イーサリアムファンデーションは5年半越しのイーサリアム完成版となる”イーサリアム2.0(セレニティ)”の実装提案として、EIP-2982が提案。このイーサリアム実装改善提案では、イーサリアムの次世代実装であり完成版となる”セレニティ”を実際にローンチするためにEIPとしてイーサリアム2.0リサーチャーにより正式に提案された。

EIPとは?

EIPとはEthereum Improvement Proposalの略で、つまりイーサリアムの実装改善を行うための提案のことで、イーサリアムが新たな実装を行うには提案する内容のリサーチを行い、根拠に基づいて行う必要がある。

今回提案されたEIP-2982では、イーサリアムの完成版となるセレニティの実装であり、イーサリアム2.0として2018年に新たな実装が開発、テストが行われてきた。このセレニティは、2015年7月にイーサリアムが正式ローンチする前の2015年3月から移行することが前提で開発が行われており、実に5年半越しのEIPとなるのだ。

このEIP-2982がコアデベロッパーに承認されれば、イーサリアム2.0もといセレニティは年内のローンチ目処がつくことになるだろう。

EIP-2982 セレニティ フェイズ0の詳細

イーサリアムリサーチャーのDanny Ryan氏によると、

「EIP-2982はイーサリアム2.0フェイズ0のリリーススケジュールを管理する」

ものだとしている。

このイーサリアム2.0フェイズ0では、現在のDeFiなどの多くのコントラクトが動いているイーサリアムメインチェーンのProof of Workのアルゴリズムを変更するのではなく、イーサリアムネットワーク上に新たに32ETHをステーキングすることでネットワークに参加できるイーサリアム版Proof of StakeのCasper FFGを採用したBeacon Chainをローンチするというものだ。

またイーサリアムファンデーションはこのイーサリアム2.0フェイズ0のローンチのためのテストネットSpadinaを先日発表している。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0 ローンチテストを行うSpadinaを発表

イーサリアム2.0はDeFiに影響を与えない

イーサリアム2.0では大規模な改良となるため、各フェイズにわけて実装が行われるため、フェイズ0は最初期段階となる。これらの実装は現在のイーサリアムチェーンとは平行で行われ、イーサリアム2.0上でコントラクト実行ができるようになった時点で、現在のイーサリアムネットワークから移行することになる。

そのため現在高い利回りで人気を博しているDeFiに影響を与えることはない。むしろイーサリアムの通貨であるETHはDeFiでの運用とは別に、イーサリアム2.0でのステーキング需要も出るということになる。

ステーキングには32ETH単位で行う必要があり、現在39000円前後を推移しているイーサリアムでは約125万円必要となる。年末にかけて今年は年利100%を有に超えたDeFiやイーサリアム2.0など、イーサリアムに目が話せないだろう。

関連記事:年利100%超えは詐欺?今イーサリアム上のDeFiで何が起こっているのか

 

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

 

Source: CoinChoice

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る